湯灌や納棺をおこなうスタッフとは

湯灌(ゆかん)というのは、遺体を洗い浄めることを言います。故人が
この世での汚れを清め、あの世への旅立ちを願う儀式でもあります。葬
儀社によっては「湯灌の儀」として厳かに行うところもあります。

まず「湯灌の儀」の口上を述べてから儀式が始まります。最初に足元か
ら胸にかけて「逆さ水」をかけて清めます。次に髪を洗い、洗顔、顔そ
り(男性の場合は髭そり)、全身洗いをして最後に遺族代表の人が顔を
拭きます。場合によってはガーゼなどに水を含ませたものを唇にあて、
「末期の水」とするところもあります。

しかし最近では「湯灌の儀」をすることは少なくなりました。病院で亡
くなった場合は看護師が遺体をアルコールで拭き清める「清拭」で済ま
すことが多くなっています。別名「エンゼル・ケア」ですね。

ですから「湯灌の儀」は葬儀社のオプション・プランとして提示されま
す。しかしこの「湯灌の儀」は、家族が故人と最後に触れ合いゆっくり
と時間を過ごすという意味では、厳かな儀式として徐々に見直されつつ
あります。

納棺とは、棺に遺体を納めることを言います。遺体を清めて死装束を着
せ、女性の場合は化粧をし、生前に近い状態にして棺に納めます。棺に
は棺布団と言われる白い絹の布団と枕を敷き、その上に遺体を安置しま
す。

旅立ちを意味して手には手甲、足には脚絆を付け、頭の上には笠、足に
は足袋と草履を履かせ、利き手には杖を持たせます。また故人が好んで
着ていた着物やスーツなどを着せることもあります。若い女性の遺体に
はドレスを着せることもありますし、生前、名士と言われた方は燕尾服
などを着て旅立つ場合もあります。

そして副葬品として故人が愛用していた品などを納めます。後に火葬す
るので燃えにくいものは入れられません。故人がビールが好きであった
場合は缶ビールを顔の近くに納める場合もありますが、缶類は火葬の時
に破裂してしまうので火葬前には取り除きます。愛読書や思い出の写真
や手紙などを入れることが多いようです。布団の代わりに愛着のある着
物などをかけることもあります。

納棺は本来は家族と親族によって執り行うものですが、方法がわからな
いことが多いため、だいたいは納棺のスタッフが手伝います。納棺は必
ずしも家族が行わなくてはいけないということではないので、遺体の状
態によってはスタッフだけで納棺することもあります。これは遺族に故
人の惨い姿を見せないためです。遺族にとっては大切な人であるため、
できるだけきれいな姿で会わせてあげたいという葬儀社の心遣いです。

映画の「おくりびと」で納棺師が取りざたされ海外にも広められ、一躍
脚光を浴びましたが、実は葬祭業者の下請け業務として生まれたもので
す。納棺師という職業自体には、仏教や日本の伝統文化との直接の関連
はありませんし、国家資格もありません。

つまり納棺師というのは、湯灌や納棺をおこなうスタッフの一人で「納
棺のできる人」という意味です。しかし見ず知らずの遺体を洗い清め、
死装束を着せるのですから、大変な仕事には違いありません。

関連記事

ページ上部へ戻る