エンバーミングとは何か知っていますか

エンバーミングとは、遺体衛生保全のこと。北アメリカでは、南北戦争
時代、戦死した人を遠い故郷まで遺体のまま搬送しなくてはいけない時
に、このエンバーミングの技術が普及しました。現在でも海外へ遺体を
搬送する時には、原則としてエンバーミングをします。

エンバーミングは、遺体を殺菌し、公衆衛生上安全な状態にすると同時
に腐敗を防止する効果があります。また顔の破損が激しい時に、遺族の
心情を慮り、顔を修復し遺族の気持ちを和らげる効果もあります。

ですから、事故や災害などで亡くなった遺体や解剖した遺体の修復には、
エンバーミングをした方が良いという認識が高まっています。しかし処
置をするには、皮膚や体腔を切開しないといけないため、遺族に対して
処置の内容を説明し、書面で同意の署名を得る必要があります。遺体に
メスを入れて傷つけたくないという遺族もいるからです。

エンバーミングの処置の仕方を説明すると、まず遺体を全裸にして損傷
したところがないかを確認します。そして全身をスプレーで殺菌してか
ら洗浄、洗髪をします。また口腔内も殺菌します。

次に男性の場合は髭そり、女性の場合は顔そりを行います。そして口が
開いてしまっている場合は、口を閉じて縫合し形を整えます。また目が
落ち、くぼんでしまっている時は、目にアイキャップを挿入したりシリ
コンを注入して、ふっくらとさせます。

それから皮膚を少し切開して動脈と同部位の静脈を剖出します。動脈に
エンバーミングマシーンにつながっている注入管を連結して、静脈には
排出管を連結させます。マシーンで加圧や流れる量などを調節して防腐
前液を血管内に注入して血管内部を洗浄し、静脈から全身の血液を排出
します。

そして全身をマッサージして、メチルアルコール、ホルマリンなどから
できている防腐剤を全身に行きわたるように注入していきます。薬剤に
は色素なども入っていて、遺体の白い顔に赤みを与えます。また体腔の
一部を切開して残っている内容物を排出して防腐剤を注入します。そし
て切開した部分を縫合して、再び体を洗浄し、損傷したところを修復し
て死装束を着せます。

かなり惨い作業でもあるため遺族には見せられません。それほど遺体の
損傷が激しくない場合、そして死後数日で火葬する場合は、エンバーミ
ングの処置は勧められません。口が開いてしまっているのを縫合したり、
顔を修復したり、体に溜まっているガスを抜いたり内容物を排出したり
という処置は「メイクさん」「納棺師」と呼ばれる葬儀スタッフでもで
きるからです。

病死であったり老衰によって亡くなった場合は、見苦しくない程度に整
えてあげることが一番です。中にはオプション料金を上乗せしようとエ
ンバーミングを勧めて来る業者もいますが、故人を自然な形で送ってあ
げたいと思っている遺族は、納棺スタッフに任せるだけで充分です。

遺族や会葬者が無残な遺体を見てなお悲しい気持ちにならないようにエ
ンバーミングという方法があるわけですから、遺体を切開されたり防腐
剤を注入されることの方が辛い気持ちになるのであれば、エンバーミン
グは意味がありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る