遺言書は元気なうちにつくるべき!?

たとえ親の意思がどれほど具体的に記されていたとしても、エンディンノートに法的効力はありません。いつか親が天寿をまっとうした時、親の意思を尊重して相続を円満に終えるには、やはり親が元気なうちに遺言書を書いてもらわねばなりません。

親に遺言書の作成をお願いするには注意点があります。まずは子供たちの総意を親に伝えることが大事です。兄弟姉妹がいるのに、誰か一人が独断で親に遺言書の作成を頼むことは、後々のトラブルの原因にもなります。

そのためには、普段から兄弟姉妹で相続に対して問題意識を持てるように家族の間での話し合いを密にすべきです。

しかし遺言書をつくるのはあくまで親です。ですから親にも、親の財産を処分する権利は子供には無く、親の意思で決めることを自覚してもらうのです。また子供の側は、親の意思が主体であることを忘れてはなりません。

自筆証書遺言書を作成するための必要な用紙や資料をそろえたり、公正証書遺言を作成するために公証人役場へ連れて行ってあげるのはよいのですが、記載内容について子供が口出しすることはできません。

また、たとえ書き方の相談を受けた場合でも、趣旨にまで踏み込むようなアドバイスは慎まなければなりません。もしも両親ともに健在であれば、配偶者の口添えを借りる方法もあります。例えば父親の遺言書なら、母親にお願いしてもらうというやり方です。

親に遺言書を書いてもらうお願いをするのは、子供にとって精神的に強い負担です。しかし遺言書をそのうちに書くはずだった親が、結局は作成しないまま亡くなり、残された家族が困ってしまうことはよくあることです。

遺言書は元気なうちに書いてもらい、相続で家族がもめることが無いようにしなければ遺言書を残す意味がありません。遺言書はたとえ専門家であっても、それを書く書かないということまで立ち入ることはありません。

たとえば相続がもとで家族間で争いになることがある。そういった無益な争いを避けるためには、親の意思が必要です。

親の意思とは遺言書です。親が自分の意思を子供たちに示し、それを子供が引き継ぐことが相続であると話してみてはどうでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る