別居兄弟姉妹は、同居長男の使い込みに注意

同居している長男が、親の預金などを使い込んでしまっていることもよくあります。「兄が親の預金を使い込んでいる気がする」という相談が寄せられることがあります。身内の恥は、なかなか相談できないものですが、それでも相談に来るということは、それなりの確証があるケースがほとんどです。

例えば、「母親は1億円ぐらいの預金があったはずなのに、長男に聞いたら2000万円しかないと言う。何かおかしいので調べて欲しい」というケースがありました。

税理士が一定の手続きをして銀行に依頼すれば、顧客元帳というデータで口座の入出金履歴がもらえます。このデータを追いかけることで、長男の使い込みが明らかになることがありますが、その時点で返還させるのは難しいケースが大半です。親の口座から引き出したお金は、すでに使われてしまっていることが多いからです。

そのような場合には、どう対処すれば良いのでしょうか。相続の遺産分割のときに清算します。長男が相続でもらうはずだった財産を先取りしてもらったと考えて、長男の受け取り分は差し引いて配分するのです。

このように、長男が親の了解もなく勝手に使い込んでしまった事例とは別に、親の存命中に特別な援助を受けていた場合があります。これを、「特別受益分」といいます。例えば、次男にだけマイホーム取得資金や事業資金を援助していた場合などです。

特別受益がある場合の遺産分割は、その金額を計算上いったん相続財産に戻します。これを「持ち戻し」といいます。持ち戻しをしたうえで、遺産分割の配分を決め、特別受益分を受けていた相続人は、その分を差し引いた額を受け取ります。

このようにして、相続人間での不公平感をなくすのです。

こんな例もありました。

相続人が長男と妹で、税理士は妹さんの相続税申告を行うことになりました。普通は相続人全員の相続税申告を行うのですが、相続人間でもめている場合には、このようなケースもあるのです。今回は長男が親の預金を隠していると妹さんが疑い、「親の預金があると仮定して、申告をして欲しい」との希望でした。

一方、長男は親の預金がないとして申告をしてきますので、長男と妹の申告にズレが生じ、申告を受け取った税務署は調査をせざるを得なくなります。その調査で、「長男の隠している親の預金が明らかになるだろう」というのが妹さんの考えでした。

また別の事例として、兄弟の誰かが遺言を偽造するということもあります。

遺言書にはいくつかの種類がありますが、「公正証書遺言」は遺言を残す人の印鑑証明と実印があれば勝手に作成してしまうことも可能なので、注意が必要です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る