遺言書に大切なものとは・・・それは気持ちです

遺言書を作成する目的は、財産を誰にいくら残すのか、どのように配分するのかを伝えるためです。そして法律により書かれた内容については、法的に拘束力がある事項について定められています。

ですから、例えば「○○はこの預金のうち、〇〇〇万円を家の購入資金にあてるように」などと使いみちを書いたとしても、これには実は法的拘束力がありませんので、守る必要がないということになります。

しかし、被相続人(死亡した人)が、法律で定められた事項以外の記述、例えば、なぜこのような遺産分割をさせようと思ったのかがわかるだけで、残された相続人の気持ちの持ちようも大きく変わるように思われます。

幸い、遺言書には被相続人の気持ちを書くことができます。「付言事項」と言われる部分。「私は、できる限り皆に平等に相続させてあげたいという気持ちで・・・というようにした。私が亡くなった後も、皆助け合って力強く生きていって欲しい」とか。

たったこれだけの言葉でも、あるのとないのとでは、影響は計り知れないでしょう。特に残された相続人の仲がよければよいほど、親の気持ちも理解できれば、多少不平等な相続でもトラブルは少なくなるでしょう。

ぜひ、遺言書に気持ちを込めましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る