遺言書を書くとは、どういうことでしょうか

遺言書は書かなくても良いと考える人もいます。それは、法律で法定相続分が決められているので、その通り分割ができると思い、遺言書は必要がないと勘違いしているからです。

しかし、遺言書がない場合は、自動的に法定相続分で分けるのではなく、法定相続人が全員で話し合いをして(遺産分割協議といいます。)取り分を決めるのです。

話し合いとなると、もめることが多くあります。遺言書の内容は、法定相続分より優先することになっていますので、遺言書があれば、誰にどの財産をどれだけ相続させるかを伝えることができますし、なぜこのような分け方なのかを記すこともできます。(付言事項)

また、遺言書がないと財産がどれだけあるのかが分かりませんし、タンスや引き出しを開けて探したり、取引のありそうな銀行に問い合わせをしたりと、調べなければいけません。このように、財産がわからないことも、もめる原因になります。

その他、遺言書を書くと、本来は受け取れない人が受け取れます。例えば、子どものお嫁さんにはお世話になったから。または、お世話になった団体になどです。この場合、注意が必要なのは、法定相続人の相続を侵すような内容は、争いのもとになりますので配慮をして決めましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る