尊厳を持った余生を送らせてあげよう

どんな人にも最期の時が訪れるのが、悲しいことですが世の習いです。
それでは、高齢者の方に、どのように余生を送らせてあげるべきなので
しょうか?

「余生」どころか「余勢」ではないかと言う、元気なご老人もこの世に
は多々おられますが(笑)、不運にも体を悪くされた高齢者の方の場合、
問題は深刻です。

さて、内閣府の調査では、最期は自宅で過ごしたい、介護が必要になっ
ても自宅に住み続けたい、と望む方が6割ほどにのぼるようです。

つまり、体が不自由な高齢者の方であっても、出来れば自宅で訪問リハ
ビリを受けながら・・・、と考えている方が多いという事。

とは言え、現実はなかなか希望通りとはいきません。実際には8割の方
が病院で最期を迎えられ、介護老人福祉施設への入居希望が増加し続け
ています。

お亡くなりになるような事態になれば、大抵は病院に担ぎ込まれるでし
ょうから、亡くなるのは病院・・・というのは、まあ、理解の範疇です。

しかしながら、施設への入居希望が増えている点は問題です。希望が増
える一方、介護施設が全く足りないという状況を考えれば、自宅で晩年
を過ごすのが難しくて施設を希望するも、施設が足りないので、不便な
形で自宅生活を送らざるを得ない・・・、という状況が垣間見えます。

こうなると、介護の問題に関して足りているものって、何があるのでし
ょうか?

実際のところ、最期を迎えるつもりで自宅に戻ったのだから、「今さら
辛いリハビリをさせたくない」「今さらリハビリなどムダ」と言う、ご
家族の気持ちもあって、高齢者の方を寝たきりのままにしておくという
ことも多々あるようです。

しかし、自力でトイレにも行けない寝たきり生活など、およそ尊厳ある
ものではありません。親切のつもりが、逆になっているのではないでし
ょうか。

例え本人が、寝たきりでもよいから静かに過ごしことを望んだように見
えても、それは単に周囲に遠慮しているだけではないでしょうか。

また、例え本気でご本人がそう望んでいるとしても、自らの尊厳を自ら
の手で損なっているわけで、あまり良いこととは言えません。

「尊厳」の話が分かりにくいのなら、現実的な視点で見てみましょう。
(ちょっと書きにくいことではありますが・・・。)お世話をする周囲
の方にとって、高齢者の排泄や食事を介助しなくてはならないのと、高
齢者がそうしたことを自力で行うのと、どちらが楽でしょうか?

尊厳を持った扱いは、ひいては負担軽減につながるのでは?

それを思えば、介護する側のみならず、される側も、尊厳と言うものに
ついて、今一度よく考えるべきではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る