高額生花は使いまわしの中古商品という裏事情

最近の葬儀では従来の木製の祭壇よりも生花で飾られた花祭壇が人気な
のだそうです。生花は高額な費用がかかります。しかし葬儀業界では生
花は使いまわしが常識。遺族が高い費用を払い買った花の中には中古の
花が混じっている事がほとんど。

葬儀が終わり、不要になった花は、生花業者の手により回収されます。
そこで選別して状態の良い花を再利用します。「リサイクル」と言えば
聞こえは良いかもしれません。しかし、使いまわしの花を使用しておき
ながら遺族からは新品の生花代金を請求しているのですから、これは大
きな問題だといえるでしょう。

生花は遺族が買った花ですので、葬儀後に持ち帰るのは自由なはず。

しかし現実には葬儀後に花を持って帰る人はほとんどいません。業者は
「このような花は持ち帰る事はお勧めしません」と言い、生花を持ち帰
らせないように誘導しているのだとか。

また、人知れず高額な生花を隠す方法があるのだそうです。一連の葬儀
が終わり、遺体とのお別れの時が来ると、棺は葬儀会場の中央に運ばれ
ます。そこで、社員の手で摘み取られた生花はお盆に盛られ、参列者の
手でご遺体を飾ります。

会葬者全員の目がお棺に向かれているこの時がチャンスなのだそうです。
「花の摘み取られた祭壇を会葬者に見せるのは失礼なのでカーテンで隠
す」と言い、祭壇の前のカーテンを閉めて隠してしまいます。実際には
祭壇周辺には摘み取られていない生花があるのですが、遺族の目から隠
されてしまいます。葬儀業者はなんとしても生花を多く残しておきたい
のです。

遺族は新品の花だと思い、高額なお金を支払っているのですから、生花
の使いまわしは立派な犯罪でしょう。使いまわし前程の生花は、本来な
らば「リース代」として扱うべきです。当然、生花代金も半減しなくて
はなりません。使いまわしで儲けを産もうとする葬儀業界を、ここまで
野放しにしてきた行政にも責任があると言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る