これは厄介!口が達者で小姑根性を持ち、葬儀委員長を気取る人物

どのような葬式にも、一人や二人、口が達者で細かいことにうるさいタ
イプの人間がいるものです。そんな中でもプライドが高い、地域の有力
者である方が、まるで葬儀委員長のように気取ることが多く、難癖をつ
けるため厄介な場合があります。

そういった立場の方の相手をするのは、葬儀の当事者である遺族になる
のですが、自分の思い通りの葬式になるようにと、意見を遺族を相手に
押し付ける傾向があります。経験だけは豊富なそういったタイプの人間
は、自分の知識において様々なことを周りの状況を見ずに、判断する傾
向があります。

また、穏やかに葬儀を執り行おうと、費用のことも頭に置きながら精一
杯の思いで対応する遺族を前にして、偉そうな態度で細かいことをまる
で小姑のように、難癖をつけてきます。

ただ、地域の有力者ゆえ、遺族も邪険にできないのが困ったところ。

彼らが意見する相手は、遺族だけではなく葬儀屋も対象になるのですが、
冷酷な葬儀屋の悪事について意見をしてくれるのなら、正義の味方とし
てその方を見直したくもなります。

しかし彼らが難癖をつけるのは「花をもう少し豪華にしろ」など葬儀の
オプションについての注文だけ、遺族の為になどという気持ちは持ち合
わせていません。遺族に対して親身になり、誠実に対応する葬儀屋の場
合は、予算の関係もあり対応に困ることがあるようです。

これだけの難癖をつけるのであれば、葬儀代も負担をするのかと思うの
ですが、形だけの葬儀委員長なので、何の負担もその方達はすることが
ない、というのが遺族にとっても腹立たしいところではないでしょうか。

冷酷な葬儀屋の場合はこのような方すら、自分たちに利益をもたらすよ
う利用し、悪知恵を働かせ、屁理屈を通すことで料金の上乗せの理由に
してしまいます。

このように遺族にとって要注意しなければいけない人物は、冷酷な葬儀
屋に加え、日頃から付き合いのある厄介な人間も含まれてくるため注意
が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る