税務署の相続税調査をなめていると痛い目に・・・

普段はあまりの縁のない税務署。しかし、相続税が発生するとかぜん大活躍します。もちろん、おかしな場合にという意味ですが。今回は税務署が、相続税についてどのような調査をするかお話します。

税務署では相続資産のうち、土地は「表現資産」といいます。土地は隠すのが難しいからです。隠そうとしても、登記簿謄本という土地の戸籍を徹底的に調べれば分かります。他にも固定資産税からたどりつくこともできます。

ということで、もうお察しのとおり、税務署が主に調査するのは「不表現資産」といっている、現金や預金などの資産です。

映画やテレビでよく見ると思いますが、財産を少なくみせるための脱税方法で一番手っ取り早いのは、その財産を隠してしまうことです。庭にお金を埋める、竹やぶに捨てる、プールの底に現金を防水シートにくるめて沈める、絵画の裏に隠し金庫などのようなことは、すべて実例なのです。

また「名義預金」といって、親が子どもなど他人名義で預金をして相続財産を見えなくしてしまうケースも非常に多いようです。身内でも、他の兄弟に渡ったものは知る術はありませんし、ましてや愛人などにも渡っているケースではどうにもなりません。

これらの名義預金は、本来相続財産に含めるべきものですので「知らぬ存ぜぬ」では通りません。税務署の相続税の調査は、名義預金調査と言ってもいいほどなのですから。脱税は後でばれたら大変なことになります。

申告漏れ(愛人に渡った場合など知る術がなかったとき)には「過少申告加算税」が、意図的で悪質な場合には「重加算税」が課せられます。さらに、脱税額が多額な場合には、刑事告発され、有罪が確定すれば、懲役・罰金などの刑事罰が科せられることもあります。

ちなみに、税務署はどのように名義預金を調べるかというと、被相続人(死亡した人)の預金の流れを確認していきます。まとまった額の預金が引き出されていればその預金の行方を調べます。子どもの口座に同額の入金があれば、名義預金と認定されてしまいます。

ちなみに意外と、預金を家政婦さんなどに渡すというケースはよくあります。年老いて誰にも相手にされなくなった資産家が、親身に面倒を見てくれる家政婦さんを自分の身内のように感じてしまうからです。

関連記事

ページ上部へ戻る