互助会業者の「誤解」という名の詐欺行為

関東地方のある互助会では入社時に「会社にとって不都合な事は他言し
ない」という誓約書を書かされるのだそうです。尾行や張り込み、盗聴
などにより会社側が常に社員の動向や言動を監視しているのだとか。

もし約束を破り喋ってしまうと、契約書を盾に社員を「訴える」と脅す
のだそうです。これが本当だとしたら信じられません。そこまでして、
互助会業者が隠したいものは何なのでしょうか。

その互助会で働く、とある社員から話しを聞くことができました。

「互助会の葬儀は各値段別のコースが設定されています。例えば、一般
価格150万円の葬儀のセット内容を互助会員様には会員価格の120
万円で提供しています。でも、これはあくまでも葬儀一式の値段なので
す。実際の葬儀は葬儀一式では執り行う事ができません。セットに含ま
れずパンフレットの欄外に記載されているものが必要になります。具体
的には、料理、生花、ハイヤー、マイクロバス、テント、返礼品、宗教
者へのお礼などといったものです。これらは少なく見積もっても100
万円はかかってしまいます。パンフレットに記載されている金額は会員
価格で120万円ですが実際に請求される金額は、220万円以上にも
なってしまうのです。お客様は120万円で葬儀が行う事ができると、
「誤解」されているため、「だまされた」と言われる方が多いのです。」
と社員は語りました。

これは「お客様の誤解」ではなく立派な「詐欺」なのではないでしょう
か。ただ、このような料金つり上げの手口は互助会に限った話ではあり
ません。一般の葬儀業者でも同様だと聞きます。

しかし、互助会葬儀業者は「経済産業省認可」というネーミングを掲げ、
集客しています。安心感を与え、前払いでお金を集めているのですから、
一般の業者以上にモラルを求められるのは当然なのではないでしょうか。

そもそも葬儀会社は使いまわしが基本とされているため、会員価格の値
引きも実質の値引きにはなってはいません。互助会に入会するメリット
は無いと言っても過言ではないでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る