葬儀のお弁当は超高級弁当、一食6000円!!

葬儀業界の場合、相手にお金があるとわかればガンガンむしり取ろうと
するのが常識。

悪徳互助会葬儀業者ならば「会員様なら、一般価格の150万円で自動
的に200万円以上のサービスが受けられますのでお勧めですよ。実際
には200万円以上の葬儀ですから、それは見栄えのする立派な葬儀に
なります。」などと言うのだそうです。

しかし、パンフレットを見ても150万円で実質200万円のサービス
が受けられるなんて事は書いてはいません。担当者はお客を見てアドリ
ブでこのような話しをします。

説明を聞いた会員も、150万円で200万円のサービスが受けられる
となれば気持は揺らぐかもしれません。葬儀が初めてであれば、それが
高いのか安いのか見当がつかない事でしょう。ついつい、言われるがま
ま「それでお願いします。」と言ってしまうかもしれません。

しかし、実際の葬儀は150万円で行う事はできません。コースに含ま
れないが葬儀に必ず必要なオプションがあるため、上乗せ金が発生しま
す。祭壇のランクが上がれば付随するもののランクも自然に上がります。

150万円のコースで行う葬儀の場合、どう少なく見積もっても上乗せ
金を含めた実質の請求額は280万円以上です。葬儀費用150万円の
つもりでいた遺族は請求額を見て驚く事でしょう。

葬儀業界は、本来の葬儀で利益をあげるというよりも、付随する数多く
の物から儲けを出そうと言うシステム。

例えば、ある互助会葬儀業者が火葬場で出す弁当の値段は、一食あたり
6000円で計算されているのだそうです。中身から見て実際はせいぜ
い1000円程度。一食に対して4000円以上、50人ならば20万
円、60人なら24万円の儲けです。

弁当は通常葬儀業者傘下の出入り業者に任せる事が多いのですが、これ
だけの利益が見込めるとあれば、資金力のある葬儀業者は儲けを独り占
めするために自社で賄おうとします。そうすると「食器は立派でも中身
は素人」なんて事が起こります。通夜ぶるまいに出された天ぷらが凍っ
ていた事もあるそうです。誰も熱々の天ぷらを期待していないと思いま
すが、凍った天ぷらでは論外です。他にも髪の毛が入っていた、タワシ
の破片が入っていたなどの苦情が後を絶たないそうです。

普通の飲食店や仕出し屋ならば大問題です。問題が取りざたされないの
は葬儀業界だから。葬儀業界も評判が大事なので、責任者がチェックを
し、担当部門を怒鳴り飛ばすこともあります。しかし、これは遺族が騒
いだ時に限っての対応です。葬儀業界は、「身内の不祥事をわざわざ公
表する必要はない」という考えのため、多くの問題は隠ぺいされていま
す。

関連記事

ページ上部へ戻る