無関心ではいられません!確実に増える相続税支払い対象者

平成27年1月1日以降、相続税の課税強化が始まります。「相続税?そんなのお金持ちの制度でしょう?」いいえ。実はあなたにも関係してくる可能性が大なのです。

この相続税改正でもっとも影響が大きいであろうことが予測される改正部分。それは、「基礎控除の引き下げ」です。相続税を計算する際に、そもそも控除というものが存在します。今までの相続で課税されなかったという人は、おそらく相続財産が基礎控除額内に収まっていたのでしょう。

この基礎控除。現行制度では、無条件に、まず5000万円差し引かれます。それに加えて法定相続人一人あたり、1000万円差し引かれることとなります。

例えばですが、財産が5000万円ある方が亡くなったとします。その方には、奥さんと子どもが二人いるとします。すると、5000万円+(1000万円×3人)=8000万円が控除額となります。この場合、資産は5000万円なので、相続税はかかりません。

では、法改正後はどうなるのでしょうか?

改正後は、無条件に差し引かれる額は3000万円となり、法定相続人一人当たりの控除額も600万円まで減額されることとなりました。

先ほどの例を挙げると、3000万円+(600万円×3人)=4800万円となります。つまり、改正前はかからなかった税金がかかるわけです。

では、今回の改正によって、課税対象者は年間5万人から7万人台へと増加することが見込まれています。

いかがでしょうか。相続が無縁ではないと実感できましたでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る