相続対策から見る愛人の精算方法

いくら私たちが真剣に相続対策に取り組んでいても、最後まで家族には内緒にしておきたい秘密もあるかもしれません。

「家族には黙っていたのだけど、実は自分には愛人がいる」あるいは、「愛人との間に子供がいる」そんな秘密をお持ちの方も、ひょっとすると中にはおられるかもしれません。

家族に対する秘密を持っている事の問題は、いざ相続する段階になって、ひょこっとそれが出て来たときに起こります。

もし葬式や、相続の段階で、愛人や愛人との間の子が出て来たりしたら。さらに、「私にもあなたのお父さん(お母さん)の財産を相続する権利がある」と主張しはじめたら・・・。

残された家族は、大混乱するはず。

実際は、相続対策の観点からいうと、問題にはなりません。婚姻関係のない愛人の場合は、法律上は相続人にはなれません。ですから、いくら愛人がひとりで権利を主張しても、遺産の分配ががらりと変わってしまうことはないのです。

ですが、この場合、問題にならないのは、あくまで法律上での話です。

せめて財産の上だけでもきちんと関係を清算しておかなければ、家族と愛人が自分の葬式で顔を突き合わせて、私たちは天国からドラマのような修羅場を見ていることになりかねません。

これだけは絶対に避けたいもの。

もし愛人に財産を遺したいのならば、遺言書に名前を書いておけば、相続させることは可能です。しかし、遺言書に愛人の名前を出すのには抵抗があるかもしれません。そういった場合は、事前に贈与をするか、または、相続とは関係の無い形でお金を残すのならば、生命保険の受取人にするという手も考えられます。

生命保険は、相続財産に含まれないため、法定相続人ではない愛人でも受取人になることができます。法律上では、受取人が持つ固有の権利、という風に、支払う前からすでに受取人の権利とされているため、相続税を支払う必要もないのです。

それでは、愛人に子供がいる場合はどうでしょうか。

実は愛人との間に生まれた子供は、財産の受け取りが可能となっています。血の繋がった子供の場合、夫婦間に生まれた子供の2分の1の法定相続分が認められています。

しかし、あなたが自分の子供だと認知をしていない限りでは、子供の立場は愛人と同じで、法律上、財産を相続する権利はありません。ですから、愛人に子供がいる場合は、それぞれの子供に、事前によく話をして対策を練っておかなければなりません。

その子が生活に困らないように、といった配慮の上で財産を遺したいのなら、愛人と同様の準備が必要です。

残された家族が自分の愛人関係のために、恥ずかしい思いをして揉めることのないように、また、最後まで秘密を貫き通したいのなら、自分がいなくなったあとのこともよく考えて、きちんと精算方法を考えておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る