遺族の見栄が悪徳葬儀業者に利益をもたらす

最近、葬儀業界に新しい動きがあります。葬祭ベンチャーと呼ばれる低
料金を売りにする業者です。旧来型の葬儀業者は「祭壇料半額、セット
料金60万円」などと宣伝をしていたとしても、60万円はスタートの
金額で、なんだかんだとオプションを付けて料金をつり上げる手口でし
た。一方、葬祭ベンチャーはお寺への支払いを別にして60~80万円、
提示額以上の料金は一切かかりません。不明瞭会系の葬儀代300万円、
明朗会計の葬儀代80万円、あなたならどちらの業者を選びますか?

当然、明朗会計80万円の業者を選ぶ人が多いのかと思うでしょう。し
かし、なかなかそうはいかないのが葬儀業界。遺族にとって、葬儀は安
ければ良いと言う訳ではありません。心理低な問題ですが、例え同じ内
容の葬儀だとしても、300万円の方がありがたみを感じるのだそう。

一生のうちにそう何度も経験しない葬儀の相場など誰も知りません。故
人の保険金が入るとなれば、更に財布のひもはゆるむでしょう。

例えば、骨壷。白い陶器のもの1万円と青磁(もどき)のもの3万円を見
せられ、「どちらが良いか」と問われれば、つい高い方を選んでしまう
でしょう。さらにお棺。お棺は数万円から数百万円と上限なしの世界。

業者も「故人が最後に過ごすお家ですから」などと言い、棺のグレード
アップを勧めてきます。さすがに数百万はかけられないかもしれません
が、見栄えの良い棺にグレードアップする人がほとんどです。

しかし、骨壷は納骨が終わればお墓に入り二度と見ることはありません。
棺にいたってはいくらお金をかけた所で、しょせんは燃やしてしまう箱
なのです。遺族が、葬儀業者の勧めるまま高い方を選んでしまうのは、
故人への思いもあるでしょう。しかし、参列者への見栄も大きいはず。

葬儀業界では「葬儀屋というのは、人間の見栄をくすぐり満足感を売る
のが仕事だ」と言う人もいるのだとか。決してベンチャーの葬儀内容が
薄いという訳ではないのですが、「葬儀にこれだけお金をかけた」と言
う自己満足と参列者へのアピールの点では旧来型の葬儀業者に軍配があ
がります。「お歳暮は安い近所のスーパーではなく、老舗デパートの包
み紙で」と言う心理が働くのが日本人なのです。

他にも、旧来型の葬儀社は病院に紹介料を払い遺体を確保しています。
ベンチャーは経費削減のためこのような事をしていません。いくら仕事
や価格に自信があったとしても、遺体を確保しなければはじまりません。
このような事もあり、ベンチャー企業は苦戦を強いられているのが現状
なのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る