「葬儀一式」はNG!「葬儀一切合財」OK!

葬儀業者は「葬儀一式」という言葉を使いますが、何を指すかご存じで
しょうか。言葉の意味を知らずに契約をしてしまったら、後から請求書
を見て愕然とするかもしれません。業界の闇をお教えしましょう。

業者がいう「葬儀一式」とは、業者が表向きに受け取る金額のことです。
裏を返せば、他にも金がかかるという事です。例えば、心づけなどの費
用、お寺さんの紹介料、お布施の立て替え、通夜ぶるまい、精進落とし
などの飲食代、生花、返礼品、その他雑費などは「葬儀一式」には含ま
れていないのです。

混乱している遺族が「葬儀一式」と言われれば、それですべてが終わる
と錯覚することにも。冷静になったころ、付属する物の値段に気づいて
も業者は「会葬者の数で違ってくるので、全体の金額は出せない」と逃
げるのが常套です。これでは葬儀費用を安くあげることはできません。

「葬儀一式」と「葬儀の一切合財」はイコールではないと知っておくべ
きなのです。先に挙げた付属する物のほとんどは、バックマージンがあ
り、業者の収入になっているのです。たとえ「葬儀一式」の値段を下げ
ても、葬儀の付随するモノに値段が上積みされ、結果、実質的なトータ
ル料金は少しも安くなっていないという事になるのです。

つまり見積もりを取るなら、「葬儀一式」ではなく、「葬儀の一切合財」
でなければダメだという事。こんな専門用語の違いを知っている利用者
などほとんどいません。見積もりの話をする際には、「葬儀一切合財で
いくらですか?」と聞いたり、「葬儀の一切合財に出せる金額は○○万
円ですから、それを超えないように見積もって」と明確に伝えるように
しましょう。これは、業者に「一切合財を知っている客」と思わせる効
果もあります。

葬儀には、最大限の出費を覚悟で葬儀に臨むべきだという人もいるかも
しれません。しかし、お金をかければいいというものでもありません。
最小限のお金であっても、いかに心をこめて故人を弔うかが大切だと考
えます。葬儀業者だけが濡れ手に粟の儲けを手にすることは許されない
と思いませんか。

「必要以外のお金を使わなければ、その分家族に残せる」という人がい
ます。それが一般市民の本音ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る