セット料金よりも見積もり料金を選択しよう!

葬儀を依頼する際の料金システムはご存知でしょうか。葬儀業者が何を
基準にして、葬儀にかかる費用の概算を算出しているかという事です。

肉親を亡くし、混乱している状況で葬儀業者と話をしなければならない、
これは普段接点のない未知の世界の人との話合いになるので、とても大
変なことです。前もって葬儀について少しでも知識があればいいのです
が、その中でも葬儀料金の仕組みを知っておくことが一番いいのではな
いかと考えます。

葬儀料金のしくみは大きく分けて2通りあります。

「セット+実費」方式と「見積もり料金」方式です。

前者は葬儀にかかる商品と役務の大部分をセットの中に組み入れ、料金
別に数種類のランクを用意していることが多いようです。セットやプラ
ンという商品は、最低限度必要なものが揃っていると思われがちですが、
葬儀はそれだけではできません。

つまり他にも多くのものをオプションとして追加しなければ成立しない
のです。多くの葬儀業者はこの低価格に設定した「プラン」料金を見せ、
客集めをし、金額のかさむオプションを後からつけさせ、総額をつり上
げるというやり方をしているのです。

後者の「見積もり料金」方式は個々の値段が確認でき、日常買い物する
のと同じ感覚なのでわかりやすいでしょう。葬儀に必要な商品と役務を
一つ一つ選んでいくので、葬儀代金の上限を設定しておけば、予算に合
わせて組み立てることが可能。

取り乱した状況でど、のくらい冷静に値段を確認できるかが問題です。
そこで経験のある世話役に同席してもらうことでトラブルを回避するこ
とができると考えます。ただし、このシステムは葬儀業界ではなかなか
お目にかかることはできないのです。

遺族と業者が交渉し、「見積もりを出しましょう」と言われたとき、こ
の「見積もり」は前者の「セット+実費」方式を指していることが大半
です。おおよその概算は瞬時にでますが、その分誤差は大きくなります。
個々の商品や役務の具体的な金額がわからないようになっているからで
す。そうやって葬儀業界では値段をわかりづらく、複雑化してきました。

しかし、その流れにも変化が出てきたようです。業界を近代化、健全化
するため、完全な見積もり料金方式を取り入れ、刷新を図ろうという動
きが始まりつつあるようです。しかし、まだまだ業界全体には行き渡っ
ておらず、浸透するには時間がかかるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る