葬儀における高額な料金を請求されるサービスとは?

葬儀業者によって高額な商品にしたてあげられるものは、ほかにもたく
さんあります。

まずは、お棺です。遺体を納める白木の大きな箱です。材料は、安価な
ものでラワン、ベニヤ張りで、原価は8000円くらいから。高価にな
ると桐、檜などがあり、高くても50万円程度です。それに彫刻や装飾
をほどこしてさらに高価な品物に化けていくわけですが、なんとそれが、
最低でも10万円から100万円、200万円とどんどん値をつり上げ
られて天井知らず。原価の10倍の値をふっかけられたりするのです。

骨壷もしかり。客は最初、シンプルな白磁の壷で十分だと考えていたと
します。すかさず業者は、「大切なお骨を入れて、後々まで残るもので
すよ」と助言します。結局のところ骨壷も、3万円から5万円の品物に
格上げされてしまうのです。

あってないようなサービスに高額な料金を加算するのも、この業界の不
思議なところ。たとえば会場の音響設備。確かに厳かな雰囲気をかもし
出すBGMが流れ、しんみりといかにも葬儀にふさわしい効果を出すマ
イクやスピーカーは、なくてはならない設備でしょう。

しかし、毎回の葬儀で5万円を下らない使用料を取るほどメンテナンス
が必要とはとても思えません。まさに葬儀業界の七不思議の一つといえ
ます。

ほかにも不思議な項目は、まだまだあります。

たとえば「式典奉仕料三万円」。これは、通夜や告別式で焼香の案内を
したり、マイクの準備をしたり、式の途中で祭壇の体裁を代えたりする
女性の手間賃をさしているらしいのですが、どう考えても高額すぎます。

このようにサービスの一つ一つに高額な料金をつけられたら、150万
円のつもりが、あっというまに200万円、300万円とはね上がって
いくのです。

もう一つ。葬儀になくてはならないものに生花があります。

関東近辺では、一基1万5000円が相場となっています。そもそも生
花は、生鮮食品と同じで、天候などによって価格が変動するのがあたり
まえなのですが、ではなぜ常に1万5000円の定価をつけることが可
能なのでしょうか。

業者は、「利益をかえりみず安定供給しているからだ」と答えますが、
とんでもない。もともとかなりの上乗せがあっての1万5000円だと
いうことなのです。

葬儀業界には、あらゆるところに闇相場が存在し、遺族の支払い能力に
あわせて、たっぷりと利益を得ていることを知っておくべきでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る