葬儀はお得に見える「セット料金」よりも「細かい見積もり」が安心

「悪徳な葬儀屋」こう聞くと葬式自体がいい加減なものになり、問題が
多発すると思われるかもしれませんが、そうではなく、ただ料金の設定
が明朗でないため、遺族側としては最大の注意が必要ということ。

葬式そのものはきちんとした内容で安心のできるものであるため、まず
契約の時点で、料金について葬儀屋としっかりとした話し合いをするこ
とが必要。

とりあえずはそこだけに注意をしていれば、あとはあまり心配はいらな
いと言ってもよいでしょう。

というのも「悪徳な葬儀屋」に対してのクレームの大半が、「契約時に
説明された料金と、請求されたものがあまりに違いすぎる」といったも
ので、これから見ても契約時の料金確認がどれだけ大切かがお分かりに
なると思います。

それでは、どういったことに注意をすればよいかといえば、相手から提
案される「セット料金」「プラン」といった言葉を疑ってみることです。

葬儀屋の提案するセット料金は、最低限のことしか含まれていないため、
実際にはそれにプラスして、多額の料金を上乗せされることになってし
まう可能性があります。

このことが遺族側には十分に説明されておらず、「セット料金」と名づ
けた、いかにも親切で安心なサービスを提供しているかのように見える
料金プランに、多くの方が騙されてしまうのです。

しかしこれが葬儀における不幸の始まりで、セット料金に含まれていな
い料理やお花をはじめ、ありとあらゆるものの料金が上乗せされてしま
うというもの。

悲しみに暮れる遺族はそんなことも知らず、葬儀屋のしっかりとした配
慮に安心し、葬儀は滞りなく行われることになります。

葬式が終わり、請求がきて初めて、セット料金では祭壇と棺桶程度しか
含まれていなかったことに気づかされるのです。

葬儀屋から詳細について説明はなかったと遺族が伝えたところで、葬儀
屋はこう言うでしょう。

「通常の葬式ではまず参列者を優先的に考え、その場その場で段取りを
組みながら私たちは動いているもので、追加のオプションは後でご報告
することになるのです」

このように、自分たちに都合の良い言い訳をするのが、悪徳な葬儀屋の
常套手段であるため、契約の際には、総額でいくらになるのか、細かい
見積もりも含め、十分に確認する必要があります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る