死後は先祖より「墓友」と、広がる合葬墓利用

身寄りのない人のお骨や無縁仏を一緒に修めたお墓のことを「合葬墓」といいます。お寺が経営しているような霊園では「永代供養墓」と呼ぶこともあるようです。

代々の墓や家族の墓に入るのが一般的な日本では合葬墓は特殊な埋葬方式に思えるかもしれません。しかし、今先祖代々の墓があるという人でも合葬墓を選ぶ人が増えています。

公営の合葬墓施設が作られていますし、会員制の合葬墓を提供している団体も現れました。会員制の団体の中には、生前から会員同士の交流の場を設け、自分たちが収まる合葬墓をお墓参りする日も作られているとか。そのような会員同士のお友達を「墓友」と呼ぶそうです。

また、お寺以外の公営・民営の合葬墓施設の場合、お骨の管理は行われてもお経をあげるといった宗教行為は行われないので、自分の宗派・信仰の違いや、または無宗教であることなどに関わりなく利用できます(とはいえ、火葬やお墓への埋葬ということ自体が宗教的行為ではありますが)。

合葬墓のメリットとしては、大変高額な墓地や墓石の費用が格安で済むという点も挙げられます。

とはいえ、合葬墓を提供している団体が信頼できるかどうかきちんと見極めることも重要。上記の「墓友」との交流があって、実際のお墓を見て管理状況を確認できるようなところを選んだほうがいいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る