終の棲家をどう探すかという問題に直面する前にすること・・・

超高齢化社会を迎え、連れ合いをなくし、子供世帯と離れて一人で暮らす高齢者の数は多いもの。

そして、住むところを求めてさまよう高齢者が増えてきているのも、また事実。「戸建は掃除ばかりか戸締まりも大変ですからね。マンションはそういう管理が楽ですし街中は買い物も便利ですから」東京都八王子市の村井雪夫さん(65)=仮名のように、郊外の家を引き払った代わりに駅前の賃貸マンションに移れたのは、幸運なケースといえるでしょう。

年々体の自由が利かなくなることに不安を感じ、車がなくても生活の便の良い都心部へ、家屋のメンテナンスが不要な賃貸物件へと、住み替えを希望する高齢者は多いもの。しかし、社会はそんな高齢者にとってやさしくないのが現実。

家主からすれば高齢者の孤独死や、認知症による出火を恐れるもの。収入が見込めない世帯だからと、家賃の滞納も不安のタネ。しかし、これではいけません。老いは、全ての人間の上に等しく降り注ぎ、誰も避けることはできないのだから・・・。

高齢者を社会の隅に追いやれば、いづれ自分の身にも降りかかるのです。社会は緩やかではあるが、高齢者にやさしい社会へと変わりつつあります。少し割高ではありますが、高齢者向けの介護付き賃貸住宅もできてきているし、高齢者に対する連帯保証人の代行サービスを請け負う企業も増えてきています。

「家賃不払いの不安が解消されるだけでも大家さんの印象は変わります。保証会社などに相談して仲介してもらえば、大家の安心感が増し、話がスムーズに運びます。保証会社は家賃債務保証事業者協議会で紹介してもらうと安心です」と高齢者住宅財団の担当者は高齢者にエールを送ります。

多くの自治体では、住み替えを希望する高齢者に一般住宅への仲介や、家賃支援を行っています。今や時代は積極的に「終活」をする時代。自分の人生の終焉を迎えるにあたって、今の自宅がふさわしくないのではないかと疑問を持つようになったのであれば、まずお住いの自治体などを頼ると安心でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る