実際に、どれくらいの人が「終活」を始めているのでしょうか

元気なうちに、自分の死にまつわる準備を行っておくこと、「終活」。シニア世代の約半数が、この「終活」をしていることをご存じでしょうか。今回は、株式会社まごころ価格ドットコムが60~70歳代のシニア世代300名と、30~50歳代の子ども世代300名、計600名に行った「終活」に関する結果から、「終活」の現状を解説してみたいと思います。

子ども世代からは言い出しにくい事ですが、自分が亡くなった後のお墓やお葬式の準備についてのアンケートには、シニア世代の49.3%が「終活をしている」と答え、50.7%の人が「終活をしていない」と回答しました。全体の約半数のシニアが「終活」の大切さを認識しているわけです。死後の話はタブーとされていた昔と比べると、「終活」に対する理解が進んできている様子がうかがえますね。

終活の内容については、「終活」を実践または実践したいと考えているシニアのうち、73.6%の人が、「自分の荷物を片付けておく」ことをあげ、次いで63.7%の人が「財産や相続をまとめておく」ことと回答しています。また、「亡くなった時にだれに知らせるかなど、交友関係を整理しておく」ことや、「お墓を建てておく」、「ソーシャルメディアやメールのアカウント処理を準備しておく」、「遺言書を書いておく」、「お葬式を決めておく」、「エンディングノートを書いておく」などの意見も多く寄せられました。

では、「終活」はどのように進めていくのが理想だと認識されているのでしょう。「終活」を実践している、もしく実践したいと回答したシニア世代に対して行った「誰と終活しているか(またはしたいか)」というアンケートに対しては、半数を軽く超える59.9%の人が終活は「独りで」行うと回答しています。「夫婦で」は36.2%、「子どもや孫と」とは6.6%、「その他」とは1.9%と、圧倒的に「終活」は人知れず行いたいというシニアが多いのですが、子ども世代はどう考えているのでしょうか。

シニアの回答に反して、子ども世代に行った「親の終活を自分にも話してほしいか」という問いかけには、半数以上の62.7%の人が「自分にも話してほしい」と回答しており、シニア世代と子ども世代では、意識に差があることがわかってきています。

「終活」という言葉が広がった背景には、超高齢化に伴い、看取る親族が減ってきているという現代の家族が抱える問題があるといわれていますが、「終活」の考え方は、人それぞれです。今年も8月24日に「終活フェスタ2014 in 東京」が開催され、昨年に引き続き多くのシニア世代が会場に足を運び、イベントを通して、具体的な「終活」の概念に触れる機会をもちました。「終活」に対する賛否はさまざまありますが、自らの人生の終章に向けて準備をする「終活」の概念自体は、多くの人から受け入れられていると言わざるをえないでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る