相続は自宅の価値を知ることからはじまる

一般的に、相続財産の中で、最も比重の高い財産は不動産ではないでしょうか?

そして、不動産の中でも一番多いのは、やはり、自宅の土地家屋だと思います。だとすれば、相続の手続きを進めるためには、まず、この自宅の土地家屋が、いったいいくらするものなのかを正しく把握する必要があります。

自宅の評価は土地と建物に分けて計算しますが、土地の評価方法には、「路線価方式」と「倍率方式」という方法がありますから、それぞれについて説明します。

まず、路線価についてですが、毎年7月になると国税局から発表されますから、耳にしたことがあるかもしれませんが、これは、市街地内の道路に面した宅地について、その道路ごとに1㎡あたりの価額が決められているものです。

この価額に土地の面積を掛けて評価額を計算するのですが、実際には、この価額に土地の形状や接道状態から補正を加えられたものが、最終的な評価額なります。

たとえば、1つの道路にしか面していない土地よりも、2つの道路に面している、いわゆる「角地」の方が、一般的に利用価値が高いと考えられているため、それに応じた補正が加えられたり、道路からの奥行きが長くなるほど価値が下がると考えられているため、いわゆる「うなぎの寝床」にも補正が加えられたりした、最終的な価格によって評価されます。

ちなみに、宅地の評価は、登記簿上の「一筆の土地」ごとにするのではなく、利用の単位となっている「1区画の宅地」ごとに行います。ですから、自宅の土地が二筆に分かれていても、1つの土地として評価をします。

なお、この路線価は、すべての宅地につけられているわけではありません。路線価の定められていない地域については、次に説明する倍率方式によって評価することになります。

これは、その宅地の固定資産税評価額に、国税局長が定めた倍率を乗じて計算します。

次に、建物についての評価方法ですが、これは、固定資産税評価額に一定の割合を乗じて計算します。自宅の場合の割合は、1.0になるため、固定資産評価額そのものが評価額となります。

以上のようにして計算された評価額は、遺産の分割を考えるときにも、相続税を計算する上でも、とても重要になります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る