土地の相続税をお得にするちょっとした裏ワザ

一つの道路に面している土地よりも、二つ以上の土地に面している土地の方が利用価値が高いため、評価額も高くなっています。

相続税を支払うという視点から考えてみると、評価額は低い方が、税金も安くて済むのでよいのですが、基本的には、高い方の路線価を使って土地の評価額を計算することになっています。

そこで、相続税の評価額を低くする、ちょっとした裏ワザをお教えしたいと思います。

宅地の評価は、登記簿上の「一筆」ごとにするのではなく、「利用の単位」となっている1区画の宅地ごとに行いますので、「利用の単位」を一つから二つに分けてしまえば、評価額が大きく変わってくることがあります。

一例を挙げてみます。

たとえば、ある土地の面積が200㎡あり、二つの道路に面しているとします。一方の路線価は、100万円/㎡でもう一方の路線価は、50万円/㎡です。

利用の単位をそのまま1区画とした場合の評価額は、高い方の路線価である100万円をもとにして計算しますので、

100万円×200㎡=2億円

となります。

そして、片方の土地が、路線価の安い方の道路にのみ面するように、土地を100㎡づつ二つに分けて、利用の単位を2区画とした場合の評価額は、

100万円×100㎡=1億円
+ 50万円×100㎡=5,000万円
--------------------
1億5,000万円

となり、5,000万円も評価額が下がったことになりました。

相続税対策として、一考の余地はあるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る