介護保険3施設と他の介護施設の特徴

在宅で支えてきた介護も、その負担感が限界に達すると、それ以上は在
宅生活を続けることが非常に困難になります。介護される側にもする側
にもあまり良い結果を生みません。そう感じたら、施設への入居を検討
しなければなりません。

まず最初の前提としては信頼できる施設を選ぶことです。そして面会に
も頻繁に行くことができれば、家族の関係が変わることはありません。
自分から進んで施設に入る老人はいませんが、それでも良いケアをして
いるスタッフがいる施設ならば、家で1人でいる不安よりも、プラスの
面を見出すこともできます。介護保険は制度が複雑ですので、まずはど
んな施設があり、自分たちの場合はどこが利用でき、そして何を選ぶこ
とがもっとも適切なのかを知っておきましょう。

以下はいわゆる「介護保険施設」に分類される3つになります。入所要
件は要介護1以上の要介護認定者です。

1.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、通称では「とくよう」
と呼ばれます。

2.介護老人保健施設、通称は「ろうけん」

3.介護型療養医療施設

介護保険が使える入居施設(老人ホーム)は他にもあります。

・養護老人ホーム
家庭の事情、経済的理由により自宅での生活が難しい人を対象にしてい
ます。老人福祉法を根拠にした福祉施設です。入居には一定の審査があ
り、介護認定を受ければサービスを受けることができます。あまり重度
になると特別養護老人ホームなどに移る可能性があります。

・ケアハウス
自炊や外出は少し難しいけれども、その他のことは自分でできる人向け
の施設です。ケアハウスは介護が必要になってもケアサービスが受けら
れるのが特徴。

・介護付き有料老人ホーム
その名のとおり介護サービスが付いている有料老人ホームです。老人ホ
ーム内のスタッフか、外部の介護事業所がはいる場合もあります。

・サービス付高齢者賃貸住宅
高齢者向け住宅が乱立したため、一定の基準を満たした高齢者向けの住
宅はすべてこの名称に統一されることになりました。

・グループホーム
認知症の診断を受けた要支援2以上の人が入居できる少人数単位の施設
です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る