生命保険金による節税効果、ポイントは受取人名義

生命保険の保険金は、500万円×法定相続人の人数分の非課税枠があり、まさかの時に相続対策としても助けになります。もし親が加入していないのであれば、加入してもらうのもよいでしょう。ほかにも、生命保険は分割するための財産を作る方法にもなります。財産が自宅しかなく、同居長男が自宅を相続してしまうと、他の相続人に分割する財産がなくなってしまう場合などです。

死亡保険金にかかる税金は、三パターンあります。契約者と被保険者が同じであれば相続税が、契約者と受取人が同じ場合は所得税、契約者、被保険者、受取人がそれぞれ異なる場合は贈与税がかかります。

保険金を受け取る人を誰の名義にしておくかも重要なポイント。例えば、こんなケースがあります。長男に財産を多く相続させるために、代わりに長女を受取人にした生命保険に加入していたのですが、長女は親が亡くなった後にその事実を知り、親の気持ちを知って涙していました。

ただし、生命保険は相続財産からは外されるという問題があります。例えば、長女が生命保険を受け取ったとすると、それは長女固有の財産となりますので、さらに相続において法定相続分も要求するということもあり得るのです。長男から見れば、遺留分の決定の際に余計な手間を増やしたくない気持ちがありますから、あらかじめ親とコミュニケーションを取っておいた方が良いでしょう。

もしも家庭内で話がこじれそうな場合は、生命保険の受取人を長男にしておく方法もあります。長男が受け取り、自分が多めに財産を相続する代わりに、生命保険の保険金は長女に渡すことにする、すなわち家庭内で一種の代償分割を行うのです。

また、生命保険以外にも、会社を営んでいる場合であれば死亡退職金は非課税ですから、死亡退職金を受け取れるような準備をしておくのも大切です。いずれにしても、親やきょうだいであらかじめ、まさかの時に相続をどうするのかを話し合っておくことが、家庭内のもめ事を起こさない秘訣と言えます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る