生命保険を使って上手に節税する方法

相続や遺贈によって取得した財産は、すべて相続税の課税対象となるというのが原則ですが、生命保険の受け取り保険金には非課税枠というものが設けられています。

保険料を誰が支払っていたかによって掛かる税金は異なりますが、ここではあなた自身が被保険者、且つ、保険契約者として保険料を負担していた場合について説明します。

相続税の課税財産=死亡保険金-(500万円×法定相続人の数)

つまり、法定相続人ひとりにつき500万までは税金が掛からないということになります。

たとえば、あなたには妻(夫)と子ども2人がいたとします。この場合法定相続人は3人ということになり、

500万円×3人=1,500万円

までは相続税がかからないということになります。

生命保険に加入するメリットといえばやはり、一番にあげられるのは万が一のときにまとまった額のお金を手にすることができるということでしょう。

もし、今のあなたが健康で、手元にはそれなりにまとまった額の現金があるとすれば、あなたは生命保険には加入する必要はないと考えるかもしれません。

しかし、相対対策として考えた場合には、生命保険に加入して非課税枠をうまく利用することよって、現金のままおいておくよりも多くのお金を遺族に遺すことができることがあります。

たとえば、遺産が現金1,500万円で、相続税率が50%とすると、

1,500万円を現金のまま遺した場合に、遺族の受け取れる金額は、

1,500万円×(100-50)%=750万円 となります。

一方、1,500万円の現金全額を保険料として支払い、受け取り保険金が1,500万円の生命保険に加入していた場合には、非課税枠を利用することによって、受け取った保険金には課税されなくすることができます。その結果、遺族は丸々1,500万円の現金を受け取ることができるのです。

この例では、支払う保険料と受け取る保険金の額が同じとして計算していますが、通常、生命保険は、保険料より保険金の方が多いのが普通ですから、実際に遺族が受け取ることができる金額はもっと多いことになります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る