子どもにお金をあげるのは心配な人は生命保険を活用

相続税の節税対策として、贈与により子どもにお金を渡すことは有効ですが、やはり子どもや孫に毎年100万円を超えるお金をあげるとなると「むだ使いをしないか」「金銭感覚がおかしくならないか」「若いうちから苦労知らずの生活をさせるのはどうか」など気苦労が絶えないかと思います。

自分の子どもや孫には、立派な社会人になって欲しい、そしてなんとか上手く財産を残してあげたいと思うのは当然です。こういった悩みを解決するための方法の一つとして、生命保険を利用する方法があります。

どういうことかと言いますと、子どもが生命保険の契約者となって、被相続人(亡くなった人。この場合親)が亡くなったら、保険金を受け取ることができるようにするということです。

具体的には、保険契約者は子ども、被保険者は親、そして保険受取人を子どもとする生命保険の契約をします。

保険の契約者は子どもですので、子どもが保険料を支払うことになります。しかし、この保険料相当分の金額を親から子どもへの贈与(年110万円までなら贈与税はかかりません)とすることで、お金を渡しながら、親が生きている間はお金を受け取れないということになり、むだ使いの心配がなくなるわけです。

そして、親が亡くなったときに受け取ることになるこの生命保険金は、相続税の対象にはならないのです。なぜなら、生命保険の契約をして、その保険料を支払っているのは子どもということになっているので、生命保険金は親からの財産とはみなされないからです。

ちなみに親が自分に生命保険をかけ、その生命保険金を子どもが受け取ったら、相続税がかかります。

このように、生命保険を活用することで、子どものむだ使いの心配もなくなり、相続のときに生命保険金としてまとまった金額を子どもが受け取れるので、節税をしながら上手く財産を渡すことができるのです。

ただし、子どもは生命保険金については、一時所得として所得税を支払う必要があります。が、相続税を支払うよりは安くなるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る