財産相続における優先権の非情な現実と問題

財産を相続できる相続人に関しては法律で規定しており、法律で定められた相続人を特に「法定相続人」と呼びます。以下でその法定相続人について具体的に見ていきましょう。

まずみなさんのご主人または奥様(配偶者)は、法定相続人になると規定があります。配偶者以外で法定相続人になれるのは、みなさんのお子様、ご両親、兄弟姉妹です。ただし法律では優先順位が規定してあり、全員が法定相続人になれる訳ではありません。

法律によると配偶者を除いた場合、1位お子様、2位ご両親、3位兄弟姉妹の順位で相続の優先権があります。ちなみに優先とは順位が一番高い方しか相続人にはなれないということです。

みなさまにお子さんがいるとしましょう。その場合みなさんの配偶者とお子さんが相続権を持つことになります。この例ではみなさんのご両親と兄弟姉妹は相続人にはなれないのです。民法の規定では、配偶者を除くと、みなさんと血が繋がった方しか相続できないことになっており、(養子は別)みなさんとの血の繋がりが強い方が、優先的に相続ができるようになっているのです。

仮にみなさんにお子様がいないとすれば、みなさんのご両親に相続権がいき、ご両親が他界されているならば、みなさんの兄弟姉妹に相続権が移ることになります。早い話が配偶者とお子さん、または配偶者とご両親、配偶者と兄弟姉妹というように、相続できる属性は配偶者を除けば一つに限られ、配偶者を含めた二者で相続することになります。もし配偶者の方が亡くなられていた場合には、お子様のみ、ご両親のみ、兄弟姉妹のみで相続することになります。

みなさんのお子さんが先に亡くなられている場合で、そのお子さんに子息、つまりみなさんのお孫さんがいた場合、代襲相続と言い、お子さんの相続権はそのままお孫さんに引き継がれることになります。

今までお話した場合以外でも、養子や胎児(まだ配偶者のお腹の中にいる状態)、認知した子(配偶者と血の繋がっていない子)は法定相続人になりますが、子供の配偶者や配偶者の連れ子さんはあなたと血縁関係が認められませんので、法定相続人にはなれないことになります。

仮に配偶者の連れ子さんを法定相続人にしたいと思うのでしたら、その連れ子さんを予めご自分の養子にしておく必要があります。

また内縁関係のある方や愛人は、法定相続人にはなれません。そういう方に財産を残したいならば、贈与や遺贈をするしかありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る