初めて訪問介護を利用するとき、どこに気をつければいいの?

訪問介護(ホームヘルパー)を利用することを決めたら、次に事業所を
選ばなければいけません。介護保険法では利用者側に事業所を選択でき
る権利があるとうたわれていて、これは利用者側が権利の主体というこ
とです。しかし建前上はそうなっている訳ですが、これはなかなか困難
な作業ではないでしょうか。

介護サービスは、それが必要になるまでは誰も利用したことがありませ
ん。多くの場合、本人は自分に介護が必要になるとは思ってもいません
し、家族にしても同様。ですから、どうしても介護が必要になってから
サービス事業所を選ぶことになるのですが、そのときには選ぶだけの時
間的、精神的余裕がなくなっていることが多いもの。実質的にはケアマ
ネージャーが事業所を選んでいることが多いと思います。

そうして一度事業所が決まると、ずっとその事業所を使い続ける人が大
半、ではその理由はなぜでしょうか。

特に要介護老人は一度介護サービスを利用すると、よほどのことがない
かぎり事業所を変更しようとはしないものです。変更することは本人に
とって環境が変化することです。老人は環境や人ががらっと変わること
を嫌がりますし、またお世話になっているという感情が事業所を「切る」
ことに罪悪感を覚えさせます。

最初からベストな介護事業所に出会えればとても幸運なことなのですが、
そうもいきません。かといってすべてをケアマネ任せにしたり、まして
や運任せにすることにも問題があります。

訪問介護にかぎらず、介護保険では利用する前には必ず事業所と「契約」
をします。そのときに事業所内である程度の権限をもった人間が「重要
事項説明書」を使い、利用内容の詳細について説明してくれます。

この説明の仕方によって事業所のレベルがある程度推し量れます。重要
事項説明書には細かい事項がたくさん載っていますが、それを「聞く側
のレベルに応じ調整して説明」してくれているか。ここに気をつけてく
ださい。それができている責任者なら、ケアの面に関しても本人に応じ
たサービス調整をしっかりしてくれるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る