豊富な在宅介護サービスの一環、住宅改修と福祉用具のレンタル・購入

介護保険では、訪問介護や通所介護以外のサービスとして、福祉用具の
貸与や購入、そして住宅改修の制度があります。これらを利用すること
によって、生活の不自由さがかなり緩和されます。

障害がある人や、その介護をする家族にとって、「自助具」や「福祉用
具」、「介護用品」の利用は非常に有効です。要介護者本人にとっては
自分でできることを助け増やしてくれますし、介護家族にとっては介護
の負担を軽くしてくれる重要なものです。

介護保険でレンタルできる用具はかなりの種類があります。まず車椅子。
普通の車椅子から、本人の体型に合わせることができる「モジュラー型」
と呼ばれるもの、重度障害者用のリクライニング式、電気のモーターで
動く電動車椅子。

歩行器も実にさまざまな種類のものがありますし、ベッドやその付属品
のマットレス、ベッド柵にもいろいろな種類があります。

だいたいのものは自己負担が数百円程度。一度購入してしまうと介護状
態に応じて変更することが難しいので、レンタルをおすすめします。故
意に壊したり汚したりしなければ無料で交換してもらえ、いつでも最新
のものが使えます。

レンタルに向かないもの、直接肌に触れるもの、排泄用品や入浴用品は
購入の対象になります。介護保険の一割で購入できるものの数は限られ
ています。シャワーチェアやポータブルトイレなど。こちらはいったん
全額を業者に払い、あとで市町村の窓口に申請し、9割の金額を返して
もらう方式になります。年間で10万円までは介護保険からの補助がで
ます。自己負担は一割なので、上限まで使ったとしたら1万円の負担に
なります。

住宅改修もよく行われます。手すりの取り付けをすることで一人で歩け
たり、転倒防止になります。また浴室の改修をしてお風呂に入りやすく
したり、段差解消の改修も行えます。介護保険の補助額は20万円です。

自己負担は最大限使ったとして2万円。工事費が20万円を超える場合
は、全額自己負担になります。また住宅改修費は原則一回限りとなりま
す。例外で追加適用される場合もありますが、詳細は介護保険課かケア
マネージャーに問い合わせてください。

関連記事

ページ上部へ戻る