ご注意!相続“漏れ”率ナンバーワン「休眠口座」

皆さんは「休眠口座」というものをご存じですか?

何年もまったく取り引きがされず、入金も出金もされていない銀行口座の事です。私たちが子供の時にお年玉を貯めていた通帳や、働きはじめて間もない頃に作った通帳などが、この休眠口座になりやすいと言われています。

じつは、意外と知られていない事なのですが、5年間取り引きがない口座は時効が成立し、法律上は銀行がそのお金を払い戻ししなくてもよい事になっています。つまり、5年以上経った預金は、銀行が自分のお金にしてもいいことになっているのです。(信用金庫の場合は10年となっています)

もちろん、いくら法律上は払い戻し拒否が出来ると言っても、実際に5年以上遡って、払い戻してくださいと言ってきたお客に対して拒否するような銀行は、今のところ民間ではないみたいです。(ですが、ゆうちょ銀行は20年2ヶ月で本当に払い戻しができなくなり、中には休眠口座から手数料を取っている銀行もあるそうです。)

金融機関は毎年、決算の度に合計で1000億円規模の利益がこの休眠口座から計上されている、と言われています。東日本大震災のときに、復興の財源として休眠口座に眠っているお金を使おう、という話題が出たくらい、莫大な資産が眠っているのです。

しかも、この休眠口座、なんと1年間に1300万口座ずつ増えているとのこと。数こそ凄まじいですが、ほとんどが少額で、預けた事を忘れてしまっている人が多い模様。

また、知っていても「一般の銀行ならどうせいつでも引き出せるし、面倒だからいいや」とそのままになっていたりもします。ですが、それでも中には十万円や百万円、あるいはもっと多額な休眠口座も存在します。

もしあなたに、家族に内緒で貯めているへそくり口座があった場合は、気をつけてください。ほとんどの場合、誰にも気づかれず死後そのままになって、最後には銀行の売り上げに計上されてしまいます。

かなり希なケースでは、税務調査によって発見され、親族が申告漏れを指摘されてはじめて気づくような場合もありますが、このように偶然誰かに発見して貰えるようなことは滅多にありません。

そして、こうした休眠口座の発生原因の中で特に多いのが、親が勝手に子供の名義で口座をつくっている場合。死後、家族があなたの財産を整理している時に、子供の名義の通帳が出て来ても、あなたが残した財産だということに誰も気づかず、そのまま使われずに眠ってしまう、というケースが多々あるようです。

少なくとも、家族の誰かにはそういう口座がある事を伝えておいた方がいいでしょう。残された家族があなたの財産をひとつひとつ探していくのは、本当に大変な作業となります。

相続対策のためには、へそくりを含めたすべての財産を子供に伝えるようにしておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る