保証人になってしまった場合は、絶対に伝えておきましょう

ふだんから子供には、

「絶対に保証人にはなるな」

と厳しく言っていても、気の置けない友人の頼みで、どうしても断り切れず、ついついなってしまった・・・という人も、中にはいるかもしれません。

そんな場合、体面もあって、子供になかなか伝えづらかったりするかもしれません。しかし、あなたの子供が財産を相続する際には、この連帯保証の地位は、何もしなければそのまま子供へと引き継がれてしまうことに・・・。

信用のおける友人だから大丈夫、と思っていても、事業を支えるのは決してその人一人の力ではありませんから、その事業が今後どうなっていくのかという保証は、まったくありません。

あなたに万が一の事があって、子供がなにも知らされずに、そのまま財産を相続してしまうと、ある日と突然、子供のところに身に覚えのない借金の督促状がやってくるような事にもなりかねないのです。

できれば、そういう事は無いように、子供にも安心して遺産を相続させてあげたいもの。もし、あなたが保証人になってしまっていたら、連帯保証は相続の準備を始める前に、外してもらうようにしましょう。

もし保証人を辞められない場合は、事前に子供にきっちり伝えておいてください。

そして、相続の時には、『単純承認』、『限定承認』、『相続放棄』の3通りが選べる事も伝えておきましょう。

『相続放棄』をすれば、子供は文字通りあなたの相続財産をすべて放棄することになり、負債も財産も一切受け継ぐことはありません。

『限定承認』は、受け取る前に財産の一部で負債をすべて返済し、余分が出ればそれを相続する、といった相続の仕方です。

あなたの死後3ヶ月以内に、子供がいずれも選択せず、家庭裁判所に延長も申請しなければ、『単純承認』となります。

そしてこの場合には、保証人としての地位が、自動的に子供に引き継がれてしまいます。子供にとっては、借金のリスクを背負うのと同じ事ですから、相続する前に一度よく考えて貰わなければなりません。

連帯保証の金額によっては、限定承認、または相続放棄をすすめたほうがいいでしょう。世の中には、保証人になっている事を知らされなかった子供が、借金の肩代わりをすることになり、挙げ句に親の友人と子供が裁判で争う事になった、というケースも、少なくありません。

あなたの大切な家族と友人が争うような場面を想像したら、そんな事は絶対に避けたいものです。もし、あなたが連帯保証人になっているのなら、あなたが元気なうちに、子供には連帯保証をしていることと、保証している金額を伝えてあげてください。

ベストなのは、あなた自身が保証人にはならない事ですが、もしすでになっているなら、それでも子供達が安心して相続できるよう、できる限り心を配ってあげましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る