遺産分割はあなた自身の手でやっておきましょう

多額の金融資産や不動産を遺族に遺せるのはほんの一握りの人たちで、預貯金は多少ならあるが資産の大半は自宅の土地と建物、という人が多いのではないでしょうか?

あなたの相続人が、奥さんだけとか子供一人だけの場合には、なんら問題にはならないのですが、複数人いる場合に問題になるのが、不動産の相続についてです。

たとえば、あなたに子どもが2人いて、平等に預貯金と自宅を相続させたいと考えたとします。この場合、預貯金については単純に半分づつとすればよいのですが、自宅は2つに分けることはできないため問題となるのです。

そこで、次に挙げる不動産を相続するための4つの方法を説明します。

はじめに、「現物分割」という方法を説明します。その名のとおり、不動産そのものを物理的に分割する方法です。土地の場合ならば、相続人の数に分筆し、建物ならば相続人それぞれが別々の建物を相続するというものです。

この場合、複数の建物がなければ分割は難しいことと、土地を分筆しても、接道位置や日照などの関係で、まったくの平等というわけには中々いかないものです。

次に、「換価分割」という方法です。換価、つまり、不動産を売ってお金に換えて、そのお金を相続人で分けるという方法です。親から受け継いだ自宅を売りたくないといった場合などには使えず、また、売却してしまうので、所得税が掛かってしまうといったデメリットがあります。

そして、「共有」です。共有とは、民法に規定されている所有権の一つで、持分に応じて不動産全部を使用することができるため、平等という意味ではこの方法が一番になるのかもしれません。

しかし、所有しているとはいえ、共有にはいろいろと制約があります。自分の持ち分は自由に売却できますが、実際には中々売りにくいのが実情のようです。

兄弟で共有しているうちは問題がなくても、どちらか一人が持分の売却をしたり、相続が発生したりすると、人間関係や権利関係が複雑になってしまいます。

最後に、「代償分割」という方法を説明します。これは、一人が自宅を相続して、他の相続人には、その代わりになる財産、たとえば、お金などの財産を与えるといった方法です。これなら平等になるように金額で調整できますし、人間関係や権利関係もスッキリします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る