もし借金のようなマイナスの財産があった場合は?

相続においては、プラスの財産ばかりではなく、借金のようなマイナスの財産も引き継ぐことになります。ですから、仮に起業に失敗して多額の借金があり、マイナスの財産がプラスの財産より多い場合は、そのまま相続させますと、遺族はその借金を背負うことになってしまいます。

お子さんの視点で考えますと、そのような場合は「相続したくない」と判断されることでしょう。このような時、相続するか否かは相続人自身が決定する事が出来ます。

相続には3つの形態があり、まず一つ目がプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続する「単純承認」

二つ目がプラスの財産からマイナスの財産を引き、まだマイナスの財産が残る場合はそのマイナスの財産分を相続しない「限定承認」

三つ目は、すべての財産の相続を止める「財産放棄」

このうち財産放棄は単独で行うことができますが、限定承認は相続人全員が合意した時にだけ、実施することができます。相続放棄と限定承認は、相続人が相続を知った時から3カ月以内に家庭裁判所で申述しなければなりません。仮に3カ月以内に手続きをしない場合は、自動的に単純承認したとみなされ、お子さんはマイナス財産も相続したことになります。

仮に事前に相続放棄をさせておきたいと思ったとしても、相続の権利はみなさんが亡くならなければ発生しませんので、相続放棄をさせておく事は残念ながらできません。

よってお子さんにマイナス財産を背負わせたくないのなら、お子さんに相続放棄のことを事前にきちんと説明しておかなければなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る