財産は子どもより孫に贈与しましょう

相続税の観点から考えると、孫への贈与は非常に大きなメリットがあると言えます。それは、親が子どもに贈与しても、子供から孫に相続するときに、相続財産として相続税が課税されてしまうと、贈与した意味が薄れてしまうからです。

ですから、財産を贈与するときは、子供ではなく孫にすることによって、子どもにも孫にも相続税を払わせることなく、財産を引き継ぐことができるのです。

また、孫への贈与には、もう一つメリットがあります。

配偶者や子どもなど、相続人(死亡した人から財産を受け取る人)への贈与は、贈与してから3年以内に自分が死亡した場合、贈与はなかったものとして、贈与したものは相続財産とみなされて、相続税が課せられることになっています。

これは、被相続人(死亡した人)が亡くなる直前に贈与をして、相続税課税を逃れようとするのを防止するための規定なのです。

しかし、対象となるのは相続人だけで、孫への贈与については、相続財産とはみなされませんので、相続税を考えた場合には、贈与は子どもより孫にしたほうが、効果的と言えるわけです。

さらには、孫の学費や生活費を支払うのも、相続税の対策としてはメリットがあります。贈与としては年間110万円までが贈与税がかかりませんが、孫の生活費や、教育費、医療費などをそのつど支払うことは、そもそも贈与にはなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る