複数ある遺産の分け方を知っておこう

いざ遺産を分けようとした時に、現金なら簡単に等分できますが、土地や物といった分けにくいものもあります。そういう場合でも困らないために、遺産の分割の仕方を覚えておくとよいでしょう。遺産の分け方には「現物分割」「換価分割」「代償分割」「共有分割」の4つの方法があります。

1.現物分割

一般的な分け方で、今ある財産をそのまま現物で分け合います。

例としては、遺産が「土地・建物」「預貯金」「株式」の3つであれば、相続人Aは土地・建物を、相続人Bが預貯金を、相続人Cが株式をそれぞれを相続する。といった方法です。「現物分割」のメリットは分かりやすく簡単な点ですが、それぞれの遺産が等価であることは稀なため、不公平になりがちな点がデメリットです。

2.換価分割

遺産を換金して分配します。

例としては、相続人である子供たちはそれぞれ独立してマイホームを持っており、実家の家屋敷は必要ない場合、売却してその対価を等分して相続する。といった方法です。「換価分割」のメリットは、現金を分割するため平等に分け合うことが出来る点です。ただ、事業用資産の場合、売却することは難しいですし、実家に相続人が住んでいる場合は売却するわけにはいかないでしょう。そしてデメリットとしては、売却するための手数料や、売却益に対する税金といったコストがかかる点があげられます。

3.代償分割

遺産を相続人の一人が受け継ぎ、他の相続人の相続分は遺産を受け継ぐ相続人が現金で支払います。

例としては、遺産が家屋敷しかなく長男が同居していた場合、家屋敷は長男が受け継ぎ、他の兄弟には「ハンコ代」として法定相続分に見合ったお金を支払って相続を放棄してもらう。といった方法です。売却が難しい遺産を形を変えることなく分配できるのがメリットですが、現金を支払う相続人に資金がないと対価の支払いが難しい点がデメリットです。

4.共有分割

全ての相続人で遺産を共有します。

例としては、不動産を複数の相続人で登記する。といった方法です。この方法については、一見最も円満な方法に見えますが、将来的にトラブルを生みやすいという点を強調しておきます。不動産を共有財産にした場合、売却するにも相続人全員の同意が必要になります。また、相続人の誰かが亡くなった場合、その相続人の相続人が不動産の共有者になります。このように細分化が進むと収拾がつかなくなっていくのです。

このように、それぞれの分割方法には一長一短があります。

どれか一つでなくてもかまわないので、自分たちに合った分割方法を組み合わせて円満な分割をおこなってください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る