遺産分割協議書を作成するというリスク回避法

遺産分割協議に全員の同意が得られたら、それで終わりにするのはあまりおすすめできません。繰り返すようですが、遺産分割協議で目指すのは調った状態です。相続人全員の合意をもって終わったとしても、今後、不要なトラブルを生む可能性のある芽は全て摘んでおくことが必要です。

そのためにも、作成しておいて欲しいのが「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書とは、不動産の相続登記の名義変更や、被相続人の銀行預金の払い戻しなどに必要となる書類です。法的には作成が必須ではない書類ではありますが、せっかく調った協議の内容で後々揉めないためにも作成しておいたほうが賢明でしょう。

遺産分割協議書には、特に決められた書式はありません。手書きでも問題ないですが、相続人の数だけ作成する必要があるのでワープロで作成すると便利でしょう。

作成するにあたって、注意点がいくつかあります。

まず、内容を正確に書くことです。相続人の住所も、法的に正しい住所、つまり印鑑証明や住民票に記載されている住所を確認して書き写す。不動産の住所や面積は登記簿謄本に記載されている通りに書き写す。等、手間を省かず正確な情報を記載してください。

また、誰が何を相続するのかを、ひとつひとつ具体的に書くことも大切です。そして、もうひとつ留意して欲しいのが、作成後に新たな相続財産が見つかるケースです。もしもの話ではありますが、実際に見つかるとまた全員で遺産分割協議を行わなくてはなりません。その場合どう対応するかも事前に話し合って明記しておけば、後日の争いを未然に防ぐことができるでしょう。

こうして作成した遺産分割協議書は相続人の人数分揃え、それぞれの相続人が一通ずつ保管します。この時、全てに相続人全員が署名・捺印するのですが、捺印には実印を使用し、全員の印鑑証明書も遺産分割協議書に添付するので用意が必要です。

遺産分割協議書を手に、全ての相続人が笑顔で再会を約束できるような遺産分割協議にしたいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る