財産の分割方法と遺産分割協議を円滑に進めるコツ

被相続人が遺言書を残していないと、相続の受け取り分でさらに頭を悩ませることになりますが、その場合は相続人で話し合って相続分を決めます。その話し合いが、遺産分割協議です。

法律では「法定相続分」として、受け取り分が定められてますが、必ずその分配の比率で分ける必要はなく、実際の受け取り分は分割協議によって自由に決めることができます。相談で決まらなない時の目安として上手に利用しましょう。

遺産分割協議に期限はありませんが、終わらないと相続財産の名義変更ができませんから、相続発生日から10ヶ月の申告期限までに終わらせたほうがいいでしょう。

遺産分割には「現物分割」「換価分割」「代償分割」の3つの方法があります。

基本は現物分割です。

例えば、長男は自宅、長女は預金のように財産の形がそのままの状態で相続する方法です。財産によって価値が違ってくるでしょうが、皆が納得して協議がまとまれば、手続きもスムーズです。

財産が自宅だけ、などの場合もありますし、残された財産の種類によっては分割が難しかったり、できないケースも出てきます。そのような時に他の2つの方法があります。

まず、換価分割は、相続財産を売却して利益を分ける方法です。

不動産などをいずれ売却する予定であれば有効ですし、現金化できるので分割もしやすいようです。反面、売却に時間がかかったり、売却の費用や譲渡所得税も支払いますから、思ったような金額にならないかもしれません。

代償分割は、例えば誰か1人が自宅などの財産を相続して、他の相続人には相続財産の代わりに現金を渡します。不動産などの財産をそのまま残したい場合は、この方法が適しているようですが、代償財産の相続人は、他の皆に分配する資金も必要になることがあります。

遺産分割協議は相続人がそれぞれ主張して、話をまとめるのは案外と難しいものです。

財産の使用方法や親族間での状況や金銭面を考え、3つの中から分割方法を上手く選びましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る