トイレ以外で排泄する「身体的原因と認知症」

高齢になって、トイレ以外で排泄してしまうようになるというのは、ま
ず、トイレに間に合わず失禁してしまうことが考えられます。これは排
泄に関係する筋力の低下が原因。また力を入れたりしたときに反射的に
失禁してしまう場合があります。

またもう1つ考えられるのは認知症です。排泄の感覚が失われている、
または、感覚が失われていなくてもトイレがどこにあるのかわからなく
なってしまい、失禁してしまう場合もあります。

排泄の感覚がある場合はなにかしら決まった動作をすることが多いよう
です。ソワソワする、落ち着かなくなる、人を呼ぶなど排泄のサインに
気づくことができれば誘導しましょう。

認知症が進み、排泄のサインがない場合などは定期的にトイレに行くよ
うにするとよいでしょう。便座に腰掛けることで排泄するのだというこ
とを体が覚えていることもあります。

とはいえ、プロの介護士ならともかく、ご家族がずっとトイレにいきた
いのではないかと気にしなければならないのは負担かもしれません。そ
のような場合、メリハリのある生活をすることで排泄のタイミングを把
握することも可能です。

人間は何かに集中しているときはトイレのことは頭から離れます。オン
とオフのがはっきりした生活をすることで、オフのタイミングでトイレ
に誘導することで問題を回避することもできます。

関連記事

ページ上部へ戻る