失禁する、汚れた下着をしまい込む「失禁と対処」

高齢になってくると、筋力の低下や認知症などにより失禁してしまうよ
うになります。また、失禁の後、汚れた下着などをそのまましまいこん
でしまうことなどもあります。

失禁をしてしまうことは、本人にとって非常にプライドが傷つく出来事
です。またご家族にとってもショックなことでしょう。

大切なことは、失禁をしたことや汚れた下着を隠してしまうことを責め
たりしないようにすることです。高齢になり筋力低下や認知症などによ
り失禁してしまうのはしかたのない事です。

失禁してしまうことは本人にとってとてもつらい出来事です。さらにそ
のことについて注意を受けた場合、本人の気持ちはひどく落ち込んでし
まいます。また、認知症の場合、失禁したことを覚えていないこともあ
りますので、そこでつらい出来事を本人に伝える必要はありません。

ご家族あるいは介護者は、失禁したことを知らない顔をしているほうが
よいでしょう。そして下着などをしまいこんだとしても、本人に知らせ
ず処理をしましょう。また、徐々に失禁してもよいパンツに切り替えて
いくのもひとつの方法です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る