現代の簡素化しつつある葬儀の実態とその背景

葬儀は年々簡素化される傾向にあり「直葬」という火葬のみの葬儀も増
えて来ています。「直葬」というのは、通夜や告別式などの儀式をせず
に、火葬場に直接に行き火葬するもの。もっとも簡素化された葬儀の形
ですが、亡くなってすぐには、法律により火葬はできません。

死亡が確認されてから、24時間を経過しなければ火葬はできないこと
になっているのです。社会的儀礼、宗教的儀礼を省いたスタイルの葬儀
とも言えます。子供もいない一人暮らしの老人などは、このような形で
遠い親戚に見送られることもしばしばあります。

しかし「直葬」とは言っても、まったく儀式をせずに火葬するのでは、
あまりに寂しいので、火葬炉の前、または出棺の前に、読経や祈祷など
の簡単なお別れの儀式を行う場合もあります。「直葬」と言っても、死
者を悼む気持ちを伝えたいのは当然です。様々な事情があり、「直葬」
という方法を選ぶわけですから、遺族の気持ちは複雑です。

もともと葬儀式というのは主に宗教的儀礼のことであり、純粋に死者と
の別れを惜しむ告別式とは別途に行われていたのですが、最近では、一
緒に行われるようになったことも簡素化の一つと言えます。また葬儀の
簡素化に伴い葬儀にかかる時間も短縮されています。

葬儀式、告別式、火葬、収骨、初七日を1日で行うことも多くなってい
るようです。初七日は、宗派や地域によっても数え方は違って来ますが、
通常亡くなった日の前日から七日目に行う法要。しかし最近では告別式
の読経の後に「繰り上げ初七日」として読経、焼香をすることが多くな
っています。

火葬の後、お清めの食事の前に初七日の法要をすることもあります。告
別式から数日して、また親族が集まって法要をしなくてはいけない煩雑
さを避けるという意味では、簡素化して良いのかも知れません。

また高齢者たちの希望として「葬儀にお金をかけないでほしい」「家族
だけで静かに送ってほしい」という意見が多く「恥ずかしくないような
立派な葬儀を出してほしい」という人は少なくなりました。子供たちに
金銭的な負担、煩わしい儀式、時間的な迷惑をかけたくないという親心
が大きな理由のようです。

現在、葬儀を行う会館は全国で6千8百ヵ所以上あり、そのうち2百ヵ
所以上は、ここ数年に新しく建てられています。それに対して自宅で葬
儀を行う家庭は、減ってきています。住宅事情の変化や駐車場の問題、
そして遺族の肉体的・精神的負担を軽くするには、やはり自宅で行う葬
儀よりも会館などで行う方が問題が少ないからでしょう。

今、葬儀を行う場所は自宅や寺院などよりも、「斎場・葬儀会館」が圧
倒的に増えています。また葬儀場が増えていると言っても、以前のよう
に大きな式場は新設されず、設備を充実させた、40人から50人収容
の会館が多いようです。

その代わり、高齢者のためにエレベーターの完備やバリアフリーの会場
など、会葬者に優しい式場作りに心がけているのも特徴。今、葬儀社は
消費者のニーズを的確に知り、生き残りをかけた戦略の見直しを迫られ
ている状況なのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る