遺族と故人にとって理想の葬儀とは何か

葬儀社を選ぶより前に確認しなくてはいけないことがあります。それは
「自分は、どのような葬儀をしたいのか」ということを明確にしておく
こと。葬儀の場所は、自宅でするのか、寺社で行うのか、葬儀斎場です
るのかを考えておくと良いでしょう。また、家族だけで小さな葬儀をす
るのか、大きな規模での葬儀を望んでいるのかを決めておくことも大切。

具体的なことまでは、なかなか決断できないでしょうが、おおまかにで
も理想とする形を描いておいた方が賢明です。

その大きな理由としては、選ぶ葬儀社によっては、自分の希望の葬儀が
できないこともあるからです。良心的で丁寧、親切で評判の良い葬儀社
というので生前に選んでおいたら、その葬儀社の持つ葬儀斎場の収容人
数に制限があり、その場所では葬儀ができない場合も出てくるからです。

そして何も決めずに亡くなってしまい、流れに乗じてなんとなく葬儀社
を選んでしまい、葬儀社のペースで葬儀が施行され、気がついたら終わ
っていた、ということもあります。葬儀が終わってみて、なくとなく選
んだ葬儀社であってもスタッフがすべてサポートしてくれ、結果的には
大満足であったということも稀にあります。その場合は運よく良心的な
葬儀社に巡り合えたということ。

多くの場合「お任せ葬儀」にしてしまうと、遺族の望まぬ形で葬儀が執
り行われたり、思わぬ費用がかかってしまうので注意が必要。葬儀が終
わって、余裕ができた時に他の葬儀社と比較して出費が多かったり、サ
ービスの点で不満があって後悔しても取り返しがつきません。

家を新築する場合、三回家を建ててようやく三度目で自分の満足のいく
理想の家が建てられるという話を聞きますが、葬儀の場合、二度も三度
も葬儀を執り行う機会に恵まれるのは、不幸と言わざるを得ません。ま
た葬儀自体は幾度も経験したとしても、大切な人を見送るのは最初で最
後の一度きりなのです。そして本人にしてみれば一生に一度の経験です。

しかし何をどのように決めておけば良いのか悩む人も多いことでしょう。
そういう場合は葬儀社のパンフレットを参考にしたり、インターネット
を利用して調べる方法もあります。また、葬儀を経験した親族や知人に
相談してアドバイスしてもらう方法もあります。

葬儀社を選ぶまでに最低限、決めておいた方が良いことは、まず葬儀の
規模。弔問客の人数などは正確には把握できないでしょうが、親族の人
数や故人の友人、町内会、仕事関係などの弔問客の人数をある程度は推
測しておかないと葬儀斎場の広さを決められないからです。また、近親
者だけで行う葬儀では大規模な斎場は必要ありません。

次に決めておくことは、葬儀の形式。自分の宗教の宗派によって行うの
か、無宗教で行うかなどを決めておくと良いですね。葬儀をする場所も
大切です。そして一番気にかかる葬儀の予算や内容について知ることも
必要。

葬儀社と相談するときに、どうしても譲れないことや、こだわりたいこ
とがあったら決めておいた方が良いでしょう。自分の希望する葬儀のイ
メージがある程度固まってきたら、それをメモして葬儀社に行って相談
してみましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る