葬儀の見積もりを事前に取ることのメリットとその効果

事前に葬儀の見積もりを取ることに、抵抗のある人は多いようですが、
メリットはとても大きいもの。まず見積もりを取ることで、どのくらい
の費用が必要か確認できます。おおよそ百万かかるとか二百万かかると
か、おおまかな数字ではなく、何に対していくらかかるのかを知ること
で金額に現実味が出て来ます。

よく葬儀社のパンフレットに「セットプラン50万円」と提示されてい
ますが、自分の場合では総額でいくらぐらいになるのか、細かくは分か
りません。

また、葬儀の内容についても知ることができます。例えば祭壇や棺のラ
ンクや金額を把握しておくと、それだけ検討材料が揃うわけです。棺な
どは安いものでは中国製の合板で組み立て式になっているものから、美
空ひばりや石原裕次郎の使用したような一本の桐の木から造られている
200万円もする棺も存在します。棺の種類は実に豊富です。桐の棺と
ひと言で言っても、シンプルな桐の棺や凝った彫刻を施してある棺もあ
りますし、絹の布で覆った棺も色のついたものや刺繡が入っているもの
もあります。

祭壇も五段飾りや七段飾りなどで豪華さは違ってきますし、当然値段も
変わってきます。花祭壇も最近ではアートのように凝った飾りも多く見
られます。

事前見積もりを取ってもらう場合、必ず書面にしてもらいましょう。そ
の見積もり書を基準にして、検討していくと他社との比較ができます。
また友人や知人にも見積もり書を見せて、意見を聞くことができます。

葬儀に直面した状態では時間に余裕もなく、内容をゆっくり検討する余
裕もありません。葬儀の一連の流れや、そこから発生する金額の一応の
目安を知っていれば、打ち合わせの段階で葬儀社に内容を確認したり、
交渉したりすることができます。それが結局、費用を抑えることにもつ
ながります。

そして納得できる自分の理想の葬儀の形も見えてきます。事前見積もり
書を出してもらうことによって、葬儀社の善し悪しもわかります。見積
もり書の項目が細かく分かれていないような葬儀社は警戒した方が良い
かも知れません。葬儀一式「50万円」とだけ書かれているものは、見
積もり書とは言えません。

また追加費用、つまり、オプション金額を明記していない葬儀社や、そ
れについての説明ができない葬儀社も要注意。インターネットのホーム
ページやパンフレットにある金額と、見積もり書に書かれた金額が極端
に違う葬儀社も避けた方が良いでしょう。

良い葬儀社は、決めつけた提案をしません。希望をきちんと聞いてくれ
て選択肢を提示してくれます。その上で適切なアドバイスをしてくれま
す。無理なプランを押しつけたりは決してしません。

見積もり書の項目には、祭壇、棺、お花、遺影写真、収骨容器、位牌、
枕飾り、ドライアイス、案内看板、受付備品、司会者、料理、寝台車、
式場費、霊柩車、火葬手配、火葬料、返礼品、会葬礼状などがあります。

葬儀社によって、セットプランに組んでいるものは別々です。いくらセ
ットプランが安くても、オプション料金を取られてしまうとかなり高く
なってしまうこともあるので、見積もり書を参考に事前にじっくりと検
討してください。

関連記事

ページ上部へ戻る