口コミ情報が現代の葬儀社決定の重要な参考材料!?

口コミは、だいたいにおいて葬儀を執り行った遺族や親族が情報源です。
ですから、この口コミこそが生の声で、葬儀社の評判としてはもっとも
信用がおけるもの。葬儀社は、この顧客の口コミを期待して顧客の満足
度を高める努力を日々しています。ホームページやチラシよりも、確実
に信頼性があるため。

葬儀社にとって、通夜や葬儀は次の顧客を得るための最高の宣伝になり
ます。それゆえに葬儀社も、遺族の満足する葬儀の施行に力を入れるの
です。葬儀を行った経験者は、未経験者にとっては信頼できるアドバイ
ザー。一度葬儀を経験すると、今まで知らなかった葬儀の仕組みを理解
します。

そのような経験者から、良かったことや失敗したことなどの感想や意見
をダイレクトに聞けるのが、実は一番ありがたいことなのです。「○○
葬儀社は、限られた費用の中で精一杯に葬儀をしてくれた」「××葬儀
社は、セットプラン料金の他にオプションでずいぶんお金がかかった」
など、経験者ならではの本音を知ることができます。

また最近では、インターネットによる口コミサイトを利用する方も多く
なってきています。口コミサイトでは個人の主観的な意見が集まってき
ます。しかし主観的な意見も、たくさん集まれば客観性を生み信頼でき
るようになるのが特徴。しかし、インターネットの口コミサイトにも問
題点はあります。利害関係者による情報操作もあります。自作自演の書
き込みや競合他社への嫌がらせなどもありますので信頼性を疑うケース
もあります。ですから「口コミサイト」の利用には、よく注意をしなけ
ればなりません。

少ない情報から葬儀社の善し悪しを判断するのはとても危険。やはり自
分自身が信用できる友人や親族、近所の人からの評判の方が、断然安心
できるでしょう。つまり従来の「口コミ」ですね。その情報が多いほど、
その葬儀社の全体像が浮き彫りにされて行きます。判断材料が多くなれ
ば、自分の理想の葬儀の姿も見えて来るかも知れません。

最近では葬儀に限らず、企業の広告より消費者からの口コミから商品の
価値を判断するようになりました。このように口コミの影響力が強くな
った背景としては、あまりにも氾濫する広告に消費者が不信感を募らせ
た結果にあります。

また、買い物で失敗したくないという意識が強くなったことにも関係し
ています。そして商品の機能が複雑になったり、商品の種類があまりに
も多くなったため、全てを把握するのが難しくなったことも理由のひと
つです。企業の広告より、友人や知人の評価に頼った方が信頼できると
いうこともあり、ネットでもブログや製品評価サイトの情報交換が活発
になっています。

このように、今や口コミの影響力は無視できなくなりました。葬儀社も
口コミの重要性を認識せざるを得ない時代となりました。まずは誠心誠
意、心をこめて一つ一つの葬儀を故人および遺族のために執り行って行
くことがすべての基本。それが口コミを広める第一歩であるからです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る