有料老人ホーム選びは入居金の償却期間の長短が一つの目安

有料老人ホームには大きく分けると次の3つの類型があります。一つ目
は介護付有料老人ホーム。現在、「介護付(き)」という言葉がついた
有料老人ホームには、「特定施設入居者生活介護」という介護保険の適
用があります。聞き慣れない言葉ですが、介護にかかる費用について、
介護保険を使うことができるということです。

この介護費用(保険適用される部分)については特別養護老人ホームな
どの介護保険施設と大差はありません。ただ有料老人ホームは、何かに
つけてオプションとしての介護サービス費が請求されます(例えば外出
に付き添う場合は別途費用が必要など)。そこが特養などの介護保険施
設とは違う点です。基本的には入居している有料老人ホームのスタッフ
が介護を提供します。

二つ目は住宅型有料老人ホーム。これは介護が必要となった場合、訪問
介護等外部の在宅介護サービスを利用することになります。マンション
などと同じ扱いです。

三つ目は健康型有料老人ホーム。こちらは介護が必要となった場合、契
約を解除して退去しなければいけません。現在は介護付有料老人ホーム
が増えているので、数は少なく入居の候補には上がりづらいと思われま
す。

入居については居住の権利形態を確認します。「利用権方式」、「建物
賃貸借方式」、「終身建物賃貸方式」などで、もし退去をせまられたと
きの対応が違ってきます。

次は入居(一時)金の償却期間の年数です。この期間を長くとっている
ホームは良心的といってよいでしょう。

有料老人ホームの場合、経営母体は株式会社が多いので、倒産の心配も
あります。母体がしっかりしているほうが良いサービスが受けられると
は限りませんが、倒産の心配が少なくなるのはよいでしょう。社会福祉
法人が母体の有料老人ホームもあります。社会福祉法人はその性格上、
簡単に事業運営が続けられなくなると困るので、資産状況によっては下
手な株式会社よりも安定しているといってよいと思います。

そして月々にかかる料金についてです。これは自分が支払える金額によ
っておのずと決まると思います。ですが、気をつけたいことは、支払う
料金が高いからといって、介護を受ける本人が満足できる介護「サービ
ス」が受けられるとは限らないということです。選択の幅がある、とい
う程度に考えておいたほうがよいでしょう。

介護は人間の生理的な部分までにも入りこまなくてはいけません。一流
のホテルマン以上の対応力と、そしてホスピタリティーが求められる仕
事なのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る