介護タクシーは普通のタクシーとどう違うの?

社会福祉協議会やタクシー会社に委託するなどして、独自に移送サービ
スを行っているところもあるようです。そういった情報は必ずケアマネ
がおさえていますので、担当のケアマネ―ジャーに聞くか、地域包括支
援センターで聞いてみてください。

市町村が低所得者や生活保護受給者に、タクシー券や無料バス乗車券を
配布している場合もあります。これは一年のうちの決まった期間に役所
に直接受けとりにいく形をとっているのがほとんどだと思いますので、
(無料券は本人が使うことが前提)、役所に確認してみてください。

介護タクシーと呼ばれるものがあります。これは一般的に第二種運転免
許をもっている人(タクシーなどの運転手)がホームヘルパーの資格も
とり、要介護者の移送サービスをすることです。こういった介護タクシ
ーの事業所も増えています。

要介護者の通院などの移動ニーズが高いため、専用の介護保険サービス
もあります。それが「通院等乗降介助」という名称のサービス。この、
「通院等乗降介助」とは、ホームヘルパーが自分の事業所の車に要介護
者を乗せ、通院先まで移送する場合に利用します。介護タクシーもその
範疇に入ります。

このサービスは、車の乗り降りの介助はもちろんですが、診察券を出す
ところくらいまでは介助を行ってくれます。タクシー料金は普通の運賃
と同様です。他に介助料金が発生しますが、介護保険が適用できますの
で自己負担金は100円程度です。

家族が運転する車に乗っていく場合、一般的な路上に駐車できる「駐車
許可証」をとるという手もあります。この許可証を取るためには、身体
障害者に認定される必要があるので、誰でも可能というわけではありま
せん。さらに身体障害者手帳にも等級があり、一番重度の「一級」なら
間違いなく取得できますが、「四級」以下の軽めの等級だと、とれない
場合があります。

駐車許可証がとれれば病院の近くで乗降することができます。身体障害
者への認定は医師の診断書が必要なので、医師に身体障害者手帳の申請
ができるかを問い合わせてもよいかもしれません。

なお、駐車許可証は警察署で取得することになります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る