いちばん確実な介護情報の集め方とその注意点について

介護保険制度を利用するには何をすればいいか、ケアマネージャーはどこにいてどんなサービス事業所があるのか、また介護施設についてなど、介護家族が知りたいことはたくさんあります。

介護保険で定められたサービスは全国共通ですので違いはありませんが、保険者は市町村ですので、市町村独自で行っている介護サービスがあったりします。例えばある市では介護保険の短期入所介護(ショートステイ)よりも長く連続利用ができる「ミドルステイ」というサービスを作っています。また、サービス事業所ごとにとっている加算(サービスの上乗せオプション)が違い、サービスの質も当然違います。

実際に介護サービスを使うときはケアマネからの情報提供のもと事業所を決定すると思いますが、知人や近所の評判を参考にするのも有効。原則として利用者が使うサービス事業所をケアマネージャーなどが勝手に決定してはいけないことになっています。そこでサービス事業所のリストをそのまま渡され(役所ではまず間違いなくそうされます)、「この中からあなたが選んでください」と家族の心情からすれば一見無責任なことを言われたりします。

しかし、比較的人口規模の大きい都市などでは、訪問介護事業所(ホームヘルパー)や通所介護事業所(デイサービス)が数多く存在し、どこが自分にあった事業所なのかを利用者側が単独で見極めるのは実質的に困難。

インターネットを活用し、情報を集めることが当たり前の時代ですが、介護においては、まだまだ利用者側が本当に知りたい情報は不足しています。ケアマネなども利用しているワムネット(独立行政法人福祉医療機構)というサイトには介護・医療の情報が充実しています。いちおう介護事業者のサービス情報も公開されていますが、こちらは参考程度に考えておいたほうが無難でしょう。

やはり一番確実なのは、地域をよく知っている地域包括支援センターか、担当してもらっているケアマネージャーに聞くことだと思います。でもここで一つ注意点があります。それは、「自社のサービス事業所ばかりをケアプランに入れ込んでくるケアマネはあまり信用してはいけない」ということです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る