どうする?ケアマネとの付き合い方について

相性が合うケアマネに巡りあえるかどうかは、はっきり言って「運」と
いうしかありません。時間と手間をかけて相性が合うケアマネを探すの
も一つですが、介護のまっただ中にいると、そんな余裕など持てないこ
とが多いでしょう。

「どうもあの人間とは相性が合わない」と感じるケアマネと付き合うの
は問題ですが、そうでなければケアマネと日頃からよく話し合い、現在
の状況をしっかり理解してもらうよう積極的に話しあいましょう。

「介護のことはわからない」と頭から決めつけ、介護のことはケアマネ
にすべておまかせします、と言われるほどケアマネージャーが困ること
はありません。介護に関わる仕事とは、食事、排泄、入浴という生理的
なものから人との交流など社会参加も含め、要介護老人の生活そのもの
に関わることです。生活の方針を他人であるケアマネが勝手に決めるこ
とはできないのです。

介護生活が始まった直後には、介護の方針と言われてもどう考えれば良
いか分からないと思います。心の整理がついていけば、徐々にその時の
想いをケアマネに伝えていってください。

また、現在受けているサービスのことについても、どう感じているかを
伝えてみてください。介護保険は万能ではありませんし、いろいろなサ
ービス事業所がありますからすぐには解決できないかもしれません。で
すが、本人やその家族が話したことはケアマネはしっかり頭に記憶して
いますし、記録にも残しているはずです。改善できるチャンスがくれば
そのときにはちゃんと動いてくれるはずです。

少なくとも相性が合わないと思うケアマネの場合は、人を変更してもら
うか、それでもダメなら居宅介護支援事業所自体を変えましょう。ケア
マネとの付き合いは本当に大切なので、その場合の手間はいとわないで
ください。

なお、事業所を変更する場合は事前に一度、契約書と重要事項契約書を
読み返しておいてください。そこには契約解除の方法について必ず書い
てあるはずです。

また、いろいろな理由でケアマネを変更しにくい場合もあると思います。
その場合は、地域包括支援センターの主任ケアマネが間に入って調整す
ることになっています。自分たちで解決できそうにない場合は、そうい
った第三者が活用できることも覚えておくとよいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る