介護保険と医療保険の併用と加算サービスについて

医療のレベルが上がり、昔なら治療できず亡くなっていた病気でも命を
救うことができるようになりました。それ自体は評価できることですし、
日本の医療制度は皆保険制度を背景とした非常に高度なものです。

しかし、医者がすっきり治せる病気が少なくなっていることもまた事実。
いわゆる慢性病が治療の主体に移ってきました。一昔前までは成人病と
呼ばれていた疾患群である高血圧や糖尿病などです。ゆるやかな悪化の
経過をたどる慢性疾患群。心不全、腎不全、肝臓疾患、慢性閉塞性肺疾
患などです。いずれも高齢者なら二つか三つはもっている病気です。

医療的ニーズが高い場合、往々にして要介護度も高い傾向にあります。
重度の寝たきりで病院への通院が困難という人は多く存在します。

そのときに訪問診療や訪問看護の必要性・重要性は今後も向上していく
でしょう。国も入院されるよりは医療費がおさえられますから、より高
度な医療ケアを自宅で受けられるように、という方向性を目指していま
す。例えば自宅で医療ケアを受ける場合は訪問看護が非常に重要です。
訪問介護との連携によって、難病や末期ガンなどの中重度の人たちに対
応しています。

例えば自宅でサービスを受ける前、本人がまだ入院している間、に病院
にケアマネや関係事業所のスタッフに来てもらい、退院後のケアについ
て話し合う場合もあります。この場合などは加算分として費用が発生し
ます。他にもデイサービスなどでも運動機能向上や口腔機能向上につい
ての加算をとっている事業所もあります。本人が実際に支払う負担分は
数百円程度ですが、支給限度額ぎりぎりまで使っている場合はケアマネ
ージャーに調整してもらう必要があります。

家で亡くなるためには、訪問診療を引き受けてくれる医師が必要になり
ます。日本の場合、10人が10人とも死因が老衰だと言っても、医師
の診察を受けていないと変死扱いされ、警察が入ることになります。

現在ではあまりない例だとは思いますが、かかりつけの主治医がおらず、
自宅で老衰で亡くなった場合は、警察には連絡せず救急車を呼ばれるこ
とをおすすめしておきます。

関連記事

ページ上部へ戻る